飲茶の「最強!」ニーチェ 生きる意味とは!?

こんにちは!おしんです。

今回もとてもわかりやすい哲学入門書で有名な飲茶氏の本を紹介したいと思います。

ニーチェはとても有名な哲学者で、知っている方も多いと思います。

そのニーチェの本なんですが、はっきりいってこれから哲学を学ぼうとする人はいきなりこの本から読んでもいいくらいわかりやすい内容になっております!

飲茶氏の他の著書もすごくわかりやすくて有名ですが。

そして、「常識にとらわれず、自分の頭で考えて積極的に前向きに生きていこう!」

そう思えるようになると思います。

そもそも哲学とは、「モノを超えた存在について考える学問」です。

例えば、正義・意味・価値・善といった形のない概念の世界について本質を追求するということですね。


実存哲学

実存とは、現実存在の略です。

実存は「世界に放り込まれた人間の主体的な在り方」をいいます。

ニーチェはこの実存哲学というスタイルをとっていました。

そして、ニーチェは、「人生に意味はない」と言っています。

一般にいう人生の意味とは、仕事・恋愛・結婚といった周囲(社会)からいつのまにか押し付けられたものではないでしょうか?

こういった既成の価値観に縛られて生きていると、よけいな「不幸」をしょいこむハメになるかもしれません。

ニーチェは、外から与えられた価値観で自分を評価し、ありもしない意味を求めて失望する人間の構図を「背後世界」と表現しています。

背後世界」=「社会的価値観」です。

外部から押し付けられた価値観、つまり本来存在しないものなのです。

この考えは今の私自身にしっくりきます。

世間の同調圧力に屈してしまって、「こうでなければならない」「ああでなければならない」といった他人の「べき論」に翻弄されて苦しんでいた過去の自分に言い聞かせたいです。

さて、「社会から押し付けられた意味付けなんか無視してしまえ!」という考え方自体はいいのですが、しかし、それだけだと人間はニヒリズム(虚無主義)に陥って、生の高揚を失ってしまう、とニーチェは言っています。

ニヒリズムとは、「そんなことしたってむなしいだけだろ!」といったようなことです。

そして、「じゃあ、何の為に生きているの?」と考え虚しくなった結果、人間は「末人」になるのです。

「末人」とは、「なんの目標もなく、ひたすら時間を潰すだけの人生を送る人間」のことをいいます。

ニーチェの有名な言葉に「神は死んだ」というのがあります。

「神は死んだ」➡「神様を信じられなくした(人間の仕業で)」➡「人間に意味を与えるような絶対的な価値観はいつかこわれる」➡「末人になる」という構図ができあがります。

ニーチェは100年以上前から、人間がこうなることを予言していました。


ルサンチマン 道徳

ニーチェは、「道徳なんて、実際はそんなに上等なものじゃない。むしろルサンチマンから生じた歪んだものだ」といいました。

ルサンチマンとは「弱者が、強者に対してもつ嫉妬心・恨み」のことをいいます。ニーチェはこれを道徳の起源だといいます。

そして、嫌なことに文句を言わず受け入れる人が善い、という不自然な価値観をニーチェは「奴隷道徳」と呼びました。

私たちは架空の価値観に縛られすぎているのです。

続けてニーチェはこういいます。

「惨めな現実の結果を受け止められないから、無理矢理非現実的な架空の価値観を作り出し、自分を満足させようとしている」

つまり、優れた能力に恵まれている人を妬んで、自分を慰めようといったことです。

するとその人間は、自分の気持ちにうそをつき、「前向きな努力」を諦め、末人に至るというわけです。

私は、「これはつい最近までの私のことじゃないか」と思い、胸にグサリと突き刺さりました。

不可能だとわかりつつも、もっと早くにニーチェの思想に触れていたらと思うと悔しくてしょうがありません。

この最悪のニヒリズムから抜け出すには、「今この瞬間」を強く意識し、今を強く肯定すること。ニーチェは、これができる人間を「超人」と呼んでいます。

結論として、絶対的な価値観というのはいずれ無くなってしまいます。それら非現実なものが「人生の意味」を与えてくれなくなったとき、人は「自分で自分の人生を肯定できる超人になるしかありません。

最後に、この本一冊読むだけでいい!なんてのは言い過ぎかもしれませんが、とにかく強く生きる力を与えてくれる本です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください