皆さん、哲学と数学というこの2つの言葉を見てどう感じますか?

「難解な学問の組み合わせだな」

とか思ったでしょうか。

 

私もこの本のタイトルを見たときそう思いました。

 

しかし、以前から著者の飲茶氏の本は今まで何冊か読んできたので、飲茶氏を信じてこの本を手に取ってみました。

 

この本は、超難解な「フェルマーの最終定理」の証明に対する350年間の数学者たちの奮闘を哲学的な観点からも捉えて述べられている物語です。

 

哲学だけでも難しいのに数学も絡んでくるとなると、さぞかし難解な本なんだろうなと思いましたが、さすが飲茶氏。すごくわかりやすくサクサク読み進めます。

 

人生を「未解決問題」に賭けた数学者たち。

 

まさに人生を賭けるというのはどういうことなのかを感じ取れました。

若い頃の自分に読ませたいと強く思いました。

 

人生というのは結果を出さなければ意味はないのか?

否!人生に意味があるかどうかを決めるのは自分だ。

挑戦して失敗した者たちをだれが笑うことができるだろうか。

 

私はこの本を読んで数学に対する見方が変わりました。

自分も数学を今からでも学んでみたいと思いました。

 

ボロボロになりながらも奮闘する数学者たちの生きざまを通して「生きるとはなんぞや?」を考えさせられました。

 

いついかなる時、どんな人間から真理が導かれるかわからない。

そう思うと可能性のない人間なんていないと強く思いました。

 

人生という貴重な時間を湯水のように何かに注げることができる人は幸せです。

 

生きる力を与えてくれる、まさに哲学の本です。