生活に活かす心理学 NLP どうやってコミュニケーション力を向上させるか2

 こんにちは。

前回は、相手とコミュニケーションをとる上で、なにが必要かということを部分的ではありますが述べてきました。

それは相手との信頼=ラポールを築く。そして、そのためには相手から発信される情報、つまり言語・非言語を観察すること。
この観察することをキャリブレーションといいます。
相手の無意識に表れる表情・動きを読み取り、それに合わせていきます。

ラポールが築けていない状態では、相手から警戒されたり抵抗心が起こったりしてギクシャクしてうまくやりとりができません。

そこで今回はどうやって相手との間にラポールを築くかということに触れてみたいと思います。

相手の無意識に合わせる方法としてペーシングというものがあります。
ペーシングとは、相手の表情や姿勢・話す速度等に自分も合わせることをいいます。ざっくりとした説明ですが。

すると相手は、「味方だ」「気が合う」「自分と波長が合う」といったように、こちらに対して好感を持ってくれます。

これは相手の無意識を味方につけることを意味しており、深いラポールの関係を築くことができます。

そして、このペーシングの中でも、ミラー(鏡)に映っているかのように、相手のしぐさを真似ることをミラーリングといいます。

これも相手の無意識と同調するため警戒心を解きやすくなります。

そして相手が言ったことをそのままオウム返しする「バックトラック」があります。
相手が話した事実を繰り返すことで、相手は自分の中で「イエス」と頷きます。この「イエス」が積み重なることで相手は、「自分の話をきいていてくれてる」と感じます。

ただし、ミラーリングもバックトラックもあまり露骨にやると、わざとらしくなって、相手に不快感を与えることになりかねませんので注意が必要です。

いかがでしょうか?
今回取り上げたペーシング・ミラーリング・バックトラックはわりと実生活の中で取り入れやすいのではないかと思います。

これらを実行していくだけでも、コミュニケーション力がぐっと上がるのではないでしょうか。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

マンガでやさしくわかるNLP

マンガでやさしくわかるNLP

 

 

生活に活かす心理学 NLP コミュニケーション力をどうやって向上させるか

 さて、このサイト名やタイトルにもありますように、コミュ力向上のために具体的にどうすればよいのでしょうか?

あなたは普段、だれかと会話しているとき、お互いの意思疎通がうまくいかず、気まずい思いをすることがあると思います。
その時、あなたはどのようにこの事実をとらえるでしょうか?
「こんな気まずい雰囲気になったのは相手のせいだ」とおもうでしょうか?
しかし、心の中では自分にも非があるのではとも感じているのではないでしょうか?

では、どうすれば相手とうまくコミュニケーションがとれるようになるのでしょうか?

よいコミュニケーションをとるには、まず、相手と信頼関係を築かなくてはいけません。つまり、相手の心を開くということが第一条件です。これを「ラポール」といいます。

そのためには、相手の無意識(深層心理)に働きかけることが有効です。

その方法は、相手の考え方や感じ方をよく観察し、その相手の「無意識」に同調することです。

NLPでは観察のことを「キャリブレーション」といいます。
キャリブレーションできれば、相手の言語・非言語を把握し、心の状態・無意識の部分が読み取れます。

相手の無意識を把握するには、相手の呼吸・話し方のペース・体の姿勢・表情を観察します。

これらを意識して合わせることで相手とのラポールに近づけます。

この視点で、私の人生を振り返ってみると、このNLPの理論とはかなり乖離していたなと思います。

つまり、自分勝手・わがままで自意識過剰だったということが自分で実感できました。
これまで接してきた人たちへなんと大きな迷惑をかけてきたことか。今でも迷惑かけているんでしょうが…。
自分のコミュ力の無さで衝突もありました。
無視されたり軽蔑されることもありました。
今までの私は、人の話をきいているようで、実際はきいていなかったんですね。
自分でもなんとねじ曲がった心をしているのだろうと思いました。

しかし、これまでの経験で気づいた己の愚かさとNLPなどで、私は人生に変革をもたらさなければと強く決心しました。

これまでは、自分の人生に対してキャリブレーションできてなかったんだなと痛感しました。
私はどんなに周りの人たちから蔑まれてきたことでしょう!

でも、どんなに嘆いても過去に戻って自分の人生をリセットしてやり直すことなどできないのです。人生とゲームは違うのです。

しかし、気づくのが遅くなったとはいえ、私は「気づく」ことができたのです。

人生に多くの気づきをもたらすために、もっといろんな人々や事象に関心を持たなければならないと思いました。

そう、コミュ力が無い人の特徴の一つに、「人に興味がない・関心がない」ことが挙げられます。

これは生きていく上でかなり致命的だろうと思います。

さて、人生もNLPもその「気づき」が重要です。
あまり気負い過ぎるのも良くありませんが、これからも日々精進していこうと思います。

 

今日から使えるNLP

今日から使えるNLP

 

 

 

生活に活かす心理学 NLP コミュニケーション力向上への道

 前回は2~4人のグループを作ってのワークによってレッスンを進めていくと言いました。

 

そして、そのワークでやり取りしたことをみんなでシェアします。
具体的には、ワークでやり取りした結果を、講師がホワイトボードに書いていきます。
それをみんなでディスカッションしてフィードバックするのです。

私はこれらをやることによってNLPの知識はもちろん、だんだんとやる気がみなぎってきたといいますか、脳が活性化されて、これだけでも自分のコミュ力は少し上がったんではないかと思いました。
当たり前のことですが、やはり本を読むだけではダメですね。
本を読んで、できるようになったと錯覚して実践しないのではさらにひきこもりに拍車をかけて、知らず知らずコミュ力が低下していくという負のスパイラルに陥るわけですね。
もちろん本を読むことはすごく大切な事ですが…。
それだけで満足して、本を読むことが精神安定剤の役割に留まってはそれこそ本末転倒です。
知っているのと実際にやってみるのでは全然違うのです。

さて、NLPのトレーニングでは、基本的に発表者が発言したことを否定するのはタブーです。
その人の考えを否定するのではなくとりあえず受け入れるのです。
その人のすべての行動には肯定的意図と価値があると考えるからなのです。
与えられた状況に対して、それが望むと望まざるとにかかわらず、すべての結果は達成であるのです。

ですので、自分の考えていること・話している内容はおかしいんじゃないか、ずれているんじゃないかと悩むことはないのです。
自分がやってみたことが、たとえうまくいかなくても、その失敗から学びフィードバックしていけばいいのです。要はトライ&エラー、試行錯誤ですね。

ですのでこのレッスンでは安心して話すことができます。
こうした安心できる環境で自分の意見を述べることでコミュ力が少しなりとも向上した気持ちになります。職場やプライベートなどの実生活でもこの体験が活かすことができれば素晴らしいですね。

 

脳と言葉を上手に使う NLPの教科書

脳と言葉を上手に使う NLPの教科書

 

 

生活に活かす心理学 NLP コミュニケーション力を向上させよう!

 さて、レッスンが開始されました。

レッスンを受ける前に、毎回はじめにこの一週間何があったか、どんな発見・喜びがあったかを、一人ずつみんなの前へ出て、一分でスピーチするということを義務付けられました。

私は一対一の面と向かっての普通の会話をするのにもしんどいのに、この一分間スピーチはハードルが高いなと思いつつ、なんとか自分の番が来るまでになにを喋るか考えて、スピーチをやってのけました。

 

やはり対人恐怖を克服するためには、あれはできない・これもできないなんて言ってられません。

実際に自分の考えていること・意見を声に出して話すことで脳は活性化されますよね。

それも十何人もいる前で。

私にとっては荒療治ですが、これも話す力、コミュニケーション能力を鍛えるためには乗り越えるしかありません。

 

初っ端から私にとってはハードルの高い課題をこなして、「なんとかなったな」と安心する反面、「これからどうなるのだろう?」と不安にもなりました。

 

普通に話したり、コミュ力のある人にとっては、「なんでそんなことでそんなに悩むんだろう?」と思われるでしょうが、私のような人間にとっては、外に出て人とすれ違うだけでもすごく緊張するのです。

 

そんな私が変わろうとするなら、こういった場数をこなすしかないのでした。

 

無事にスピーチも終わり実際のレッスンに入っていきます。

レッスンの時間は6時間位だったと思います。
結構長いですね。その1コマ6時間を10回(約3か月)にわたって受けていきます。

テキストは、厚さ1センチ程のと数十枚のプリントがファイリングされたものの2冊でした。
だからレッスンはテキストも使いますが、それは補助的なもので、ほとんどが2~4人で作るグループによるワークで行います。

そもそもNLPとはよりよい人生を築いていくための手段・方法で、それを達成するためのリソース(資源)は自分の中に備わっていると説きます。
その自分の中に眠っている能力を引き出していく為に、数人のワークを作り、互いに質問していくわけです。

普段、一対一でも緊張してうまく話せないのに、複数人と同時に話すなんて私にとってはとてもハードルが高かったのでした。これも今まで人生をサボってきたツケでしょうね…。
人間生きていくにはコミュ力が絶対必要条件であり、これがないと仕事・恋愛・結婚・友人関係もうまくいかないとしみじみと感じました。
ベストセラーの自己啓発本アドラーの「嫌われる勇気」にもそのようなことが書いてありましたね。

というわけで、いつまでも「自分は不器用だから」「口ベタだから」と言って逃げているわけにもいかないのです。そりゃ友達なんかは「お前はそのままでいいんだよ」とか言ってくれるかもしれませんが、少し人生を生きていくと、そのような言い訳は通用しないということを痛切に感じるのであります。

人並以下のコミュ力を引っ提げてこの世に生まれてきた私は、NLPという心理学に目をつけて、それを極めようと邁進するのでした…。

 

プロが教えるはじめてのNLP超入門

プロが教えるはじめてのNLP超入門

 

 

 

生活に活かす心理学 NLPトレーニング受講を決心

 その説明会でNLPについて詳しい話を聞きました。

NLPとはアメリカで、リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが心理学と言語学の観点によって開発された心理とコミュニケーションの学問です。

オバマ元大統領もNLPを学んで、演説に活用していたのは有名な話です。

もともとセラピーなどの現場から生まれたものですが、今ではビジネス・教育・スポーツなどでも活用されています。

 

NLPは、コミュニケーション能力を高めることはもちろん、コミュニケーションによって自分や他人のモチベーションを上げたり、ネガティブな状態からの脱出法やあらゆる分野の問題解決を可能にします。

 

説明を聞いて、家に帰ってから熟考した末、これこそ私が求めていたものだ!と思いました。

そしてNLPのプログラムを受講することに決めました。

 

 

さて、実際にNLPのプログラムを受講したときのことを述べていきたいと思います。

 

私が受講したクラスの男女比率は、男2:女8位の割合だったでしょうか。

人間の心理に対する関心は女性のほうが高いという印象を受けました。

私のクラスの講師は男性だったのですが。

 

その講師の方を初めて見ていだいた印象は、男の私から見ても素敵な男性だなという感じでした。

やはりNLPはネガティブからポジティブへ変化させていく実践的心理学だけあって、それをマスターしたその講師からも独特なイケてる雰囲気を醸し出していました。

 

私と一緒に受講されている人達は、10代から50代までと年齢層は幅広く、職業も学生・会社員・看護師・主婦などさまざまでした。

 

さて、これからどんな授業が待ち受けているのでしょうか?

ワクワクと期待と興奮を胸にいだいて授業に臨むのでした。

 

NLPの実践手法がわかる本 (実務入門)

NLPの実践手法がわかる本 (実務入門)