内向型人間のすごい力 感想

こんにちは!おしんです。

今回は、タイトルにあるように内向型な人にとってけっこうためになる本じゃないかなと思って「内向型人間のすごい力」を紹介したいと思います。

私自身、内向型の人間なのでこの本のタイトルを見たときピンときてすぐ手に取りました。

外向型の人間が理想とされる社会

私達は、一般的にいって、成功するには、幸福になるには外向型でなければならないと幼いころから教えられて育ってきたと思います。

個性を尊重するといいながら、外向型の人間を理想とする価値観の中で暮らしているのです。

そして、内向型は二流の性格特性とみなされ、残念な性格と病的な性格の中間にあると思われています。

会話の多い人は少ない人よりも賢いと判断されているのではないでしょうか。

しかし、アメリカ人の3分の1から2分の1はじつは内向型らしいのです。

1920年代からアメリカの工業化(文化的進化)により、「ビジネスこそがアメリカの道である」というような価値観が生まれました。

それまでのアメリカは、「人格の文化」でした。

人格の文化」では、思慮深く、規律正しく、高潔な人物が理想とされました。

しかし、デール・カーネギーの自己啓発本によって、内なる美徳から外面的な魅力へと焦点は変わっていきました。

つまり、魅力的な性格を持つ映画スターのような、目立つ人や面白い人が人気を得るようになりました。

すべてのアメリカ人が自己を演技しなければならなくなったのです。

人格の文化」から「性格の文化」へとシフトしていったのです。

ファッション・化粧品などの業界の宣伝によって、すばらしい第一印象がすべてであるかのような幻想を抱くようになりました。

それは、あたかも外向的でエネルギッシュで面白くなければ人間でないかのような風潮です。

今の日本でもそういう風潮ではないでしょうか?

少なくとも私はこれまでの人生を経験してきて、まさにそうだなと思います。

アメリカ人のすべての人が生まれつき外向的なんだなと私達はそういう先入観で見てしまいがちですが、もちろんそんなことはないのです。

多くの人が社会でプレッシャーに苦しむようになり、アメリカ人の20人に1人が抗不安薬を試すこととなったのです。


アメリカでは、非常に多くの有名人が自己啓発本を信奉しています。

その産業は年間110億ドルという規模だそうです。

外向的な性格を築くように促されたのです。

私達は、優れた考えをもつ人間と、しゃべるのがうまい人間との違いに気づきにくく、社交性に富んだリーダーが必要だと思い込みすぎているのです。

しかし、長年の研究の成果で、著名人には内向型の人間も多いことがわかってきているのです。

ビル・ゲイツなどの超優良企業のリーダーの性質は、物静か・控え目・無口・内気・寛大・温厚・でしゃばらない・良識的であるといわれています。

ここでいいたいのは、外向型の人間を非難しているわけではないのです。

状況によっては、外向型のリーダーが適切の場合もあるし、内向型のリーダーが求められる場合もあるのです。

内向的なリーダーは、他人の話しに耳を傾け、助言を受け入れやすいので、能動的な人間を導くのが非常に得意です。よって能動性の有効な循環をつくるのです。


気質を超えて  自由意志の役割

はっきり言ってしまえば、私たちの生まれ持った気質は消えません。

しかし、気質性格は違います。

私達には自由意志があり、それを使って性格を形づくれるものなのです。(限度がありますが)

内向型の方が持続力が高い傾向にあるともいわれています。

内向的な人物として有名なアインシュタインはこう言いました。

「私はそんなに頭がいいわけではない。問題により長く取り組むだけだ。」と。


最後に私なりの感想を述べさせてもらうと、確かに内向的な人にとって現代の社交優位の社会は生きづらいです。しかし、これまでの人生における過去(挫折等)にどのような意味づけをするかによってこれから幸福に生きていけるかが決まるとも思ってます。