ニーチェ ツァラトゥストラ 西研 感想

今回はニーチェの本を紹介しようと思います。

 

以前も飲茶氏の著書「飲茶の最強!のニーチェ」を取り上げたのですが、今回の本もなかなか読みやすくて面白かったので紹介させていただきます。

 

ニーチェといえば、「ルサンチマン(恨み・妬み)」「永遠回帰」などが有名ですが、この本も主にこの2つのテーマに沿って書かれています。

 

ルサンチマン

 

「ルサンチマン」の根っこにあるのは、自分の苦しみをどうすることもできない無力感です。

そして絶対認めたくないけれども、どうすることもできないという怒りの歯ぎしりだと。

そこで、この無力からする怒りを何かにぶつけることで紛らわそうとする心の動きが起こります。

 

このルサンチマンのどこが問題なのかというと、この感情を持ち続けると自分として主体的に生きる力を失わせてしまう、

自分を人生の主役だと感じられなくなってしまう、つまり「自分で自分を腐らせてしまう」ことになるのです。

 

強い他者を否定することで自己肯定する。

 

そこでニーチェは「超人」という思想を持ち出しました。

 

神は死んだ」という言葉は有名で聞いたことがある人も多いと思います。

これまで人々を抑制してきた(思考停止にしてきた)神を否定したのです。

 

そして「まさに今こそ価値は転換されねばならない」「新たな人類の価値と方向を示そう」

神に代わる新たな人類の目標というものを主張したのです。

 

現代に生きる私達は、まさに目標が欠けている。「何のために」の答えがかけているのではないでしょうか。

全ての人がそうだとはいいませんが。

 

この何を目指せばいいのか、何のためにいきているかわからない状態のことをニヒリズムといいます。

 

そして末人という概念も出てきます。

末人とは、「憧れを持たず、安楽を第一とする人」「安全で無難に生きることだけを求める人間」

「何やったって結局は無駄なんじゃないの?」といった状態をいいます。

 

そこで出てきたのがさっきも述べた「超人思想」なのです。

 

受動的に流されるのをやめて「私はこうする!」と意欲すること。

それではじめて人は人生の主役となり、自由な存在となるというのです。

 

永遠回帰

 

永遠回帰とは一言でいうと、「これまで生きてきたこの人生を、さらに無限に生きねばならない。」という考え方です。

人生のあらゆるものが永遠にそっくりそのまま戻ってくるのです。

 

これまでの人生の中で耐えがたい苦難もあったことでしょう。

それがまた繰り返されるというのですから、「そんなの耐えられるか!」と思うかもしれません。

 

現実に人生が永遠に繰り返されるというのが本当かどうかは重要ではなくて、

「マイナスな生の条件に対しても『われ欲す』ということができれば?人生の苦しい物事を有益と認め、愛そうとすることができれば?」

ということをニーチェは言いたいのです。

 

自分の条件を呪っても仕方がありません。

この条件(病気、失恋等)のもとで、自分はどうやって悦びを汲み取っていく道があるか、と自分で考えるしかない。

なぜならそれ以外に自分が能動的に生きていく方法はないのですから。

 

なんかこの考え方ってアドラーの「嫌われる勇気」にも似ていますね。

 

現代に「超人」は可能か?

 

どうあがいても自分から逃げることはできません。

今の自分から出発するしかないのです。

 

ニーチェの思想は、まさに「いま」という時代を生きるための「柱」となるものです。

 

「絶望することはない。なぜなら、この状況でどのような絵を描くかは自分自身が決めればいいことなのだから」

 

私はこの本を読んで、自分の内側から生きよう生きようという幸福を求める前向きな力が湧いてきた感じがしました。

武器になる哲学 感想

哲学の重要性

今回も哲学の本を紹介しようと思いますが、この本を書いた人は哲学者ではなく、経営コンサルタントです。

これまで紹介してきた本とは少し違った視点から哲学を学べるんじゃないかと思います。

著者の山口周氏は、「世界のエリート・リーダーこそ哲学の素養が求められる」と言っています。

なぜ哲学が必要なのでしょうか?

哲学を学ぶことの最大の効用は、「今、目の前で何が起きているのか」を深く洞察するためのヒントを数多く手に入れることができるということです。

「今何が起きているのか?これから何が起きるのか」という問いは重要なものとなります。

そのためのツールが哲学なのです。

そして目まぐるしい変化の中に生きる私達には批判的思考も大事です。

これまで通用した「考え方」を、一旦批判的に見直してみる。

それが現実にうまく機能していないならば、その理由を考察して新しい考えを提案する、ということが求められます。

常識への疑問

見送っていい常識」と「疑うべき常識」を見極める選求眼をもつことが大事です。

この選求眼を与えてくれるのが、空間軸・時間軸での知識の広がり、つまり教養だということになります。

哲学者たちが出した「アウトプット」よりも「プロセス」の方が大事

一般の哲学の入門書は、この哲学者たちの「考察の過程」はあまり紹介されてないように思います。

「アウトプット」だけを学ぼうとすれば「学ぶ意味」を感じられずに挫折してしまいがちです。

この本はこの点で一般の哲学の入門書とは違うと思います。

まさに、哲学を学ぶ意味を示唆してくれる本です。

著者が、「知っていて本当によかった」「修羅場を切り開くのに非常に有効だった」哲学を厳選して紹介されています。

飲茶氏 哲学的な何か、あと数学とか 感想

皆さん、哲学と数学というこの2つの言葉を見てどう感じますか?

「難解な学問の組み合わせだな」

とか思ったでしょうか。

 

私もこの本のタイトルを見たときそう思いました。

 

しかし、以前から著者の飲茶氏の本は今まで何冊か読んできたので、飲茶氏を信じてこの本を手に取ってみました。

 

この本は、超難解な「フェルマーの最終定理」の証明に対する350年間の数学者たちの奮闘を哲学的な観点からも捉えて述べられている物語です。

 

哲学だけでも難しいのに数学も絡んでくるとなると、さぞかし難解な本なんだろうなと思いましたが、さすが飲茶氏。すごくわかりやすくサクサク読み進めます。

 

人生を「未解決問題」に賭けた数学者たち。

 

まさに人生を賭けるというのはどういうことなのかを感じ取れました。

若い頃の自分に読ませたいと強く思いました。

 

人生というのは結果を出さなければ意味はないのか?

否!人生に意味があるかどうかを決めるのは自分だ。

挑戦して失敗した者たちをだれが笑うことができるだろうか。

 

私はこの本を読んで数学に対する見方が変わりました。

自分も数学を今からでも学んでみたいと思いました。

 

ボロボロになりながらも奮闘する数学者たちの生きざまを通して「生きるとはなんぞや?」を考えさせられました。

 

いついかなる時、どんな人間から真理が導かれるかわからない。

そう思うと可能性のない人間なんていないと強く思いました。

 

人生という貴重な時間を湯水のように何かに注げることができる人は幸せです。

 

生きる力を与えてくれる、まさに哲学の本です。

やり抜く人の9つの習慣 書評


こんにちは!おしんです。

皆さん、成功している人を見てどう思いますか?

あの人はもともと才能に恵まれていたんだ。

と思って「自分には無理だ。」と思っていませんか?

そうではありません。いわゆる成功者にはある共通している「行動と思考」があるのです。

その「行動と思考」を心理学で解析して説明していこう、というのが今回ご紹介する本になります。

その名も「やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学」です。

この本では、タイトルにもあるように、目標を達成するための9つの習慣をまとめてあります。


第一章 目標に具体性を与える

例えば、「やせたい」と思うならば、目標は「やせる」ではなく「5キロやせる」とするべきです。

求める成功の姿をはっきりと見せてくれるからです。

まずは、具体的かつ詳細に、自分が達成したいことを考え抜くことが大事です。

目標が具体的でなかったら、ついつい「このくらいでいいや」などと自分を甘やかしたり、簡単に妥協してしまうからです。

これは耳が痛いですね…。これまでの私も目標が具体的にイメージしていなかったがゆえに、いろんなことで挫折しました。いつも「こんなもんでいいや」と未来の自分に勝手に期待していました。


第二章 目標達成への行動計画をつくる

目標達成のためにやるべき行動を着実に実行するためには、「いつ何をやるか」をあらかじめ予定にいれておくべきです。

日々の計画が、具体的な行動レベルまで明確になっていると、その行動をする可能性は300パーセントを高まることが、心理学の研究から明らかになっています。

そのための方法が、「if-thenプランニング」です。

「もしこうなったら、こうする」といったように。

①(if)もし、月曜日、水曜日、金曜日になったら

②(then)仕事の前に一時間ジムで汗を流す

こんな感じですね。

事前に「いつ」「何を」やるかを、はっきりと決めておくと、これが実行できる確率は2倍から3倍も高くなります。

if-thenプランニングに絶大な効果があるのは、この手法が強く脳に訴えかけるからです。つまり脳は「XならY」という文章を記憶しやすいのです。


第三章 目標までの距離を意識する

目標達成に向けて、ただがむしゃらに努力するのではなく、日々、どれだけ進歩したのかを確認する必要があります。

それには、フィードバックで目標との距離を確認します。

正しいフィードバックに「これから思考」というのがあります。

これから思考」とは「あとどれくらいやらなければいけないのか」に視点を向ける思考スタイルです。

つまり、「目標までの距離に目を向けること」です。

「これからやるべきこと」を意識することでモチベーションを高めることができます。


第四章 現実的楽観主義者になる

「非現実的な楽観主義者」では目標は達成できません。

つまり、「目標は達成できる」と信じるのは大切なことですが、「目標は簡単に達成できる」と考えてはいけません。

では、「現実的な楽観主義者」とは「成功を望み、それに相応しい努力をする人」です。

この文章を見たとき、ギクッとしました。私も自分の今の目標に対して、それに相応しい努力をしているのかと。「非現実的な楽観主義者」になってやしませんかと。

「現実的な楽観主義者」は、惜しみなく努力し、問題が起きることを予見し、それの対処方法を計画し、いざ問題が起こったら粘り強くことに当たります。

その結果、成功にたどり着くのです。

問題や障害を考えることは決してネガティブではないということを忘れてはいけません。それを考えないからネガティブな結果になってしまうのです。

要は、ネガティブなこと、思考をも克服しようということですね。


第五章 「成長すること」に集中する

新しいことに挑戦する「心の持ち方」についていうと、目標を設定するときには「今、何ができるのか」ではなく「これから、何ができるようになりたいか」を考えるようにすることです。

目標は自分の能力を証明するためにあるのではなく、自分を向上させるためにこそある、と考えるようにするのです。

そのためには「失敗してもいい、と開き直る」こと。

目標に向かっている時、そこで出会う困難を「学び」という視点で捉える。失敗しても「また、一つ学んだ」と思えれば、がっかりすることなくモチベーションを維持することができます。


第六章 「やり抜く力」を持つ

苦手なことについて「できるようになる」と考えていますか?

それとも「自分には向いてないからどうせ無理」と考えていますか?

もし後者なら、自分自身にハンディキャップを課していることになります。

どんなことでも努力と経験で上達することができると心に刻むことです。

目標を投げ出したくなるときに、「努力不足だった」「戦略を間違えた」「プランを練らなかった」などと、自分でコントロールできることに原因があると考えることができる人は、「成功は自分の頑張り次第」と信じることができます。

「私には無理だ」ではなく「今の私にはまだ無理だ」と考えるようにしましょう。

どんな能力でも、あなたの努力次第で高めることができるのです。

「自分には伸びしろがある」と信じることで、「やり抜く力」が発揮できるようになるのです。


第七章 筋肉を鍛えるように意志力を鍛える

意志力は筋力と似ています。

筋肉と同じように、意志力も、定期的に正しい方法で使えば、少しずつ強くすることができます。

自分が達成したい目標に取り組むことで、同時に意志力も鍛えることができます。

例えば、

  • 汚い言葉を使うことをやめる
  • 利き手ではない方の手を使って生活する
  • 「私は」で話すことをなるべく避ける

など。

要は何でもいいのです。誘惑に打ち勝って続ける価値のあるものなら、何でも試してみるといいです。

最初は大きな意志力が必要に感じても、いつしか楽々できるようになっている自分に気づきます。

それほど意志力は訓練で高めることができるのです。


第八章 自分を追い込まない

どれほど意志力を鍛えても、それには限界があります。

目標達成のためにはその事実を受け入れることです。

気を付けるべきは、意志力を過大評価しないことです。

そして、

  1. 誘惑と出会いやすい状況をなるべく避ける(自分の意志力を試さない)。
  2. 大きな目標は一つに絞る。
  3. 何かをやめるという目標なら、一度にスッパリやめる。「ちょっとだけならいいだろう」という考えを捨てること。

第九章 「やめるべきこと」より「やるべきこと」に集中する

「食べ過ぎない」「夜更かししない」など、目標の多くは「~しない」という形のものになりがちです。

こうした目標は、反対にその行動への衝動を高めてしまいます。

「~しない」ではなく「~する」という表現方法にするとよいです。


いかがでしたでしょうか?

この9つの習慣は、読者の方からしたら「そんなの当たり前じゃないか」と思うものもあったかもしれません。

それはそれで今までの習慣が正しかったんだなと思ってもらえればいいと思います。

その上で、この本から今までになかった習慣があったら、ぜひ取り入れていただけたらと思います。

「正しい努力はいつか報われる」ということを私はこの本で学びました。

「自分には才能がないから成功できない」と思い込んでいる方はぜひこの本を読んでいただきたいと思います。

金持ち父さん貧乏父さん 感想


こんにちは!おしんです。

今回はお金に関する本を紹介したいと思います。

それは「金持ち父さん貧乏父さん」です。

お金持ちと貧乏を分けるその原因は何なのか?

この本の冒頭で、そのことについて物語形式で語ってくれています。

その一部を抜粋します。

「人生がだれよりもすぐれた先生であることはたしかだ。たいていの場合、人生はきみに話しかけてきたりしない。きみのことをつついて、あちこち連れまわすだけだ。人生はそうやってきみをつつくたびにこう言ってるんだ。『ほら、目を覚ませよ!きみに学んでもらいたいことがあるんだよ』ってね」

「お金に関する教育が自分に足りないことが問題なのだと気づく人はほとんどいない。」

「『お金になんか興味はない』と言う人は大勢いるが、そう言いながら一日八時間せっせと働いている。そんなのは真実を否定していることにしかならない。」

う~ん……。ちょっと前までの自分に言い聞かせたいですね。誰しも無人島で自給自足で暮らしている人以外お金の問題からは逃れることはできませんものね。すごく胸に突き刺さる言葉だと思います。

「私はきみたちにお金の持っている力を学んでほしいと思っている。お金を怖がるのではなくてね。そういったことは学校では教えてくれない。でも、それを学ばなければ、きみたちはお金の奴隷になるしかないんだ。」

「貧乏や金詰まりの一番の原因は国の経済や政府、金持ち連中のせいじゃなく、恐怖と無知だ。人間を罠にかけるのは自分から招いた恐怖と無知なんだ。」

「情報や知識を手に入れるために心を開くか開かないかを決めることで、無知か啓蒙か道が分かれるのだ。」

おっしゃる通りですね。新しい情報や変化に対して石頭を持って臨んではダメだということですね。そして、ただなんでも考えなしに取り入れるのではなく、情報の取捨選択ができる思考力と判断力が必要だということですね。

「金持ちになりたければ、お金について勉強しなければならない」

「金持ちは資産を手に入れ、中流以下の人間は負債を手に入れる」

「これからの時代は、大胆に前に進んでいく人と、腐りかけた救命浮き輪にしがみついたままの人とが同居する時代になるだろう。」

お金の稼ぎ方といってもいろいろあるのでしょうが、一つ言えることは、ただ会社に行って働いて給料をもらうことがだけが全てと思っていては裕福にはなれないだろうことはわかりました。

以上、マインド的なことばかりを述べてきましたが、この本の後半部分は、ではどうすればお金持ちになれるのかということ、つまり実践方法が書かれています。

「そんなにお金なんか必要ないよ。」

そう思っている方にはこの本は必要ないですが、「自分に正直に生きたい!」と思って、まだくすぶっている方には一読をおススメいたします。