コミュ力を上げることにこだわるワケ

こんにちは。おしんです。

今回は、なぜ私おしんがここまでコミュ力向上にこだわっているかを私のこれまでの過去を振り返りながらお話していきたいと思います。

まずは私の学生時代のお話。

中学生の頃、私はすごく好きな子がいました。

好意を抱いている相手には自分からどんどん話しかけるのが普通なんでしょうが、私にはそれができませんでした。

他の記事でも述べているとおり、私はすごくコミュ力が欠落していて、好きな子になにをどんなふうに話しかけていいか全くわからなかったのです。

ただただ遠くからその子の姿を見ているばかり……。

そんな私が好きな想いを抑えることができずにその子に告白しようと思いました。

友達に頼んで、その好きな子を校舎のある場所まで来てくれるようにセッティングしてもらいました。

その好きな子がきたとたん、私はいきなり「前から好きだったのでよかったら付き合ってくれませんか。」とこわばった表情で想いを伝えました。

「ごめんなさい。」と頭を下げる相手。瞬殺でした。

そうですよね。一度も話したことがないのに、というか、初めて交わす言葉が「付き合ってください」って……。

次は大学時代。私はコミュ障・極度の引っ込み思案で、大学での就活はしませんでした。いや、できませんでした。

そんな私は卒業後、公務員を目指し、アルバイトをしながら勉強することに決めました。民間企業への就活・面接もムリなのに公務員を目指すって……。

このころの私はそんな矛盾にも気づいていないのでした。公務員を目指すっていうのも完全なる「逃げ」でしたね。頑張ってるふりをして自分を安心させるみたいな感じですかね。もう二十歳をこえた私は時間の大切さに気づかずにその「頑張ってるふり」を何年も続けるのでした。

「俺は公務員になれる!」そう信じてやまない私は、試験を受けました。

一次の筆記試験は受かったのですが、問題はその後。二次の集団討論でした。

地獄でした……。

他の人は自分が一生懸命仕入れてきた時事ネタを討論のテーマに沿って論じ立てていく中で、私はというと一人目線を下の方に向けて話の速さについて行けず黙ったままでした。

周囲から冷たい視線が注がれているのがよくわかりました。

「あ、こいつはダメな奴だ。」

誰もがそう思ったことでしょう。当然です。今でもあの時を思い出すと、自分のさむさに身が凍り付きます。

試験の結果はいうまでもありません。

そして、交友関係。

こんな私ですから友達が一人しかいません。一人いてくれるだけで感謝なのですが。

ルフレッド・アドラーのいう人生の三つの課題。

交友・仕事・愛のタスク。

私はこの三つのミッションを遂行できずに今に至るのでした。

ものの見事に失敗に終わったのでした。

これらの社会の洗礼を浴びながら努力らしい努力をしてこなかった自分を心底恨みます。自業自得というやつです。

しかし、だからといってそう簡単に人生をやめることなんてできません。

今更ながらこれらの失敗から学び、日々人生を良いものにしていこうと精進し続けることを誓う私おしんの話でした。

というわけで、これからも私が学んできて「これはいいな。」と思ったものをこのブログで発信していくので、読んでいただけたらこの上なくありがたく存じます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

齋藤孝氏のすごい「会話力」 要約

コミュ障の私おしんがどうしてもコミュニケーション力を向上させたくて思わず手に取った本を紹介したいと思います。

それはテレビでおなじみの齋藤孝氏の著書「すごい『会話力』です。

私は齋藤孝氏の本が結構好きで、何冊か読んでます。

濃密な内容が分かりやすく書かれているので読書が苦手だという方でもサクサク読めるのではないかと思います。

さて、ではどういう内容かというと、巷にあふれている会話本の小手先のテクニックではなくて、どういうトレーニングを積めば会話力が上がるかといったことが述べられています。

さらに言うなら、会話力とは人間の「総合力」である!とまで言っています。

なので、コミュ力を上げようとするなら根本的に人間性を高める努力が必要だということですね。

冒頭で、現在は会話力の時代だ、というようなことをいっています。

ベストセラーの「嫌われる勇気」の中でも出てきたアドラーの言葉、人生の三つの課題。交友・仕事・愛の課題をこなすこと。これには言うまでもなく、コミュ力が必要ですね。

では、会話力を身に付けるためには何が必要なのか?

  • 古典等、いろんな本を読む。
  • マインドフルネス
  • オープンマインド・オープンバディ

ざっくりですが主にこの三つですね。

本を読む。これは古典の「論語」や福沢諭吉の「福翁自伝」などが挙げられています。

これらの本は長い年月をこえて読み継がれてきた超ベストセラーです。

孔子福沢諭吉などの偉人の会話のセンスにならおうということです。

次はマインドフルネス。勝海舟も行っていた自己鍛錬法の一つ「丹田呼吸法」や「禅」などで会話に取り組む心身の準備をはかるというもの。

そして、オープンマインド・オープンバディ。これは言葉の通り開かれた心と身体です。人と打ち解けるにはあまり怖がらないで、心と身体が柔らかく、相手に対して開いた状態になっていることが大切だということ。

といったように、この本を読んだからすぐにコミュ力が身に付くというものではなく、会話力を上げるために上記のような努力が必要だということですね。

この本を読んで私はやる気に満ちて、「なるほど。こういう訓練を積めばいいのか。」と思い、日々精進しているところです。

普段、「自分はコミュ力がない。」と思っている方は読んでみてはいかがでしょうか?

すごい「会話力」 (講談社現代新書)

コミュ障の私がコミュ力向上のためにBarへ行くことを決意!しかし……

 

 こんにちは。おしんです。

今日は私の日記というか、ある一日の出来事についてお話したいと思います。

 

コミュ障の私がコミュ力を上げるために、Barに行こうと決意しました。

私の家から歩いて10分の、ある駅の前にあるお店ですが、いざ店の前に来ると不安になってきました。

「他のお客さんがいた場合、何か話さなくてはいけないのだろうか?」

とかいろいろと心配しましたが、勇気を出してドアを開けました。

 

「いらっしゃいませ。」

とお店のマスターらしき人、40代前半位の男性がカウンターに座ってました。

お客さんはまだ誰もいなかったので私は少しほっとしました。

 

マスターがキッチンの方へ移動すると、

「何になさいますか?」

とメニューも出さずに聞いてきました。

このお店はある程度お酒を知っていなくてはいけないのかなと思い、とまどったのですが、店内の壁の黒板にメニューが書いてあったので、それを見て適当にカクテルを注文しました。

 

「どうぞ」

と飲み物を出されたので、それを飲みながら、

「何を話せばいいんだろう?」

と考えていると、マスターの方からいろいろと話しかけてきてくれました。

しかし、ほとんどマスターが話しをして、私はそれに対して、

「へー」「すごいですね」「そうなんですね」

ぐらいしか返せなくて、自分からなかなか話題を提供することができませんでした。

 

一時間位して、カランとドアが開いたので目をやるとお客さんが一人入ってきました。

私は内心どきっとしました。

「他のお客さんがきたぞ。なにか話さなくてはいけないのだろうか?それとも黙っていればいいのだろうか?話しかけると迷惑なんじゃないだろうか?」

とあれこれ考えていると、そのお客さんは、常連さんらしく、

「カクテルをください。おまかせで。」

と慣れた感じで注文しました。

 

そして、マスターは今度はそのお客さんと話しをし始めました。

マスターの表情や声の抑揚等をよく観察して聞いてみると、明らかに私と話しているときよりもいきいきとしていて、楽しそうに話していました。

私はそれを見て、

「ああ、やっぱり俺と話しをしている時はやりづらかったんだろうな。頑張って話をしていてくれていたんだろうな。」

とひとり落ち込んで、その常連さんとのやりとりを眺めていました。

マスターもちらちら私の方に目を配ってくれて、常連さんも私に少し相槌を求めるような感じで話しかけてくれました。そのとき私は自分では普通に相槌を打っていたつもりでした。

 

その常連さんは2杯カクテルを飲むと、

「お会計お願いします。」

と言って帰っていきました。

 

そして入れ替わるようにまた他のお客さんがドアを開けてお店に入ってきました。

今度のお客さんも常連さんのようでした。

 

先ほどと同じように、その常連さんとマスターとのやりとりを眺めながら、私も気を利かせたつもりで時々相槌を打っていました。その時も問題ないと思っていたのです。

 

しかし、その常連さんとマスターとのやり取りを見ていると、常連さんの方が少し興奮して、わずかですけれども怒り口調になってきました。

私は、

「どうしたんだろう?」

と思って途中で注文したウイスキーを飲んでいました。

するとマスターが、少し笑いながら、「ええい、しょうがない」といわんばかりの顔をして、私に、

「お客さん、そのウイスキーを飲んで甘いと感じますか?それとも辛いと感じますか?」

と聞いてきたので、私は、

「う~ん、よくわからないけど甘くはないです。」

というと、マスターは、

「そのウイスキーを飲んで甘いといわない人は、飲み手としてはまだまだですね。

私も以前お客さんと同じことを言ってバカにされたことがあります。しかも鼻で、ふんっ、と笑いながらね。」

と言われたのです。

 

そうです。

私は一人目の常連さんと二人目の常連さんのマスターとのやりとりの時打ってた相槌が、今まさにマスターが言っていたように、

「ふんっ」「へっ」

といったような鼻であざ笑うかのような感じだったのです。

 

私はこのことに気づいて、恥ずかしさと申し訳なさでいっぱいになり、

「お会計お願いします……」

と言って店を出ました。

 

翌日は、ウイスキーがまだ残ってたのと気分の落ち込みで何も手につきませんでした。

「自分は今まであんな相槌のしかたをしていたのか……」

とこれまでの自分に対してショックを受けました。

 

しかし、この体験は決して無駄にはならないと思いました。まわりにかなり迷惑をかけてきましたが。

これもコミュ力を上げるために必要な経験なんだと。

 

やはり家にこもって本だけ読んでいるのも考えものですね。頭でわかっているのと実際に行動・経験してみるのとでは全然違います。

本を読むことは大変いいことだと思いますが、それだけではダメだということですね。

実践が伴わないと。

 

今回の件では、私はかなり凹みましたが、コミュ力を上げるために一歩を踏み出したことは事実ですし、貴重な経験を積んだと思います。

あのマスターには本当に感謝しています。

 

しかしバーテンダーさんの話術ってスゴイ……。

 

コミュニケーション力 ~人間関係作りに不可欠な能力~

コミュニケーション力 ~人間関係作りに不可欠な能力~

  • 作者: 渡邊忠,渡辺三枝子
  • 出版社/メーカー: 雇用問題研究会
  • 発売日: 2011/11/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る