ニーチェ ツァラトゥストラ 西研 感想

今回はニーチェの本を紹介しようと思います。

 

以前も飲茶氏の著書「飲茶の最強!のニーチェ」を取り上げたのですが、今回の本もなかなか読みやすくて面白かったので紹介させていただきます。

 

ニーチェといえば、「ルサンチマン(恨み・妬み)」「永遠回帰」などが有名ですが、この本も主にこの2つのテーマに沿って書かれています。

 

ルサンチマン

 

「ルサンチマン」の根っこにあるのは、自分の苦しみをどうすることもできない無力感です。

そして絶対認めたくないけれども、どうすることもできないという怒りの歯ぎしりだと。

そこで、この無力からする怒りを何かにぶつけることで紛らわそうとする心の動きが起こります。

 

このルサンチマンのどこが問題なのかというと、この感情を持ち続けると自分として主体的に生きる力を失わせてしまう、

自分を人生の主役だと感じられなくなってしまう、つまり「自分で自分を腐らせてしまう」ことになるのです。

 

強い他者を否定することで自己肯定する。

 

そこでニーチェは「超人」という思想を持ち出しました。

 

神は死んだ」という言葉は有名で聞いたことがある人も多いと思います。

これまで人々を抑制してきた(思考停止にしてきた)神を否定したのです。

 

そして「まさに今こそ価値は転換されねばならない」「新たな人類の価値と方向を示そう」

神に代わる新たな人類の目標というものを主張したのです。

 

現代に生きる私達は、まさに目標が欠けている。「何のために」の答えがかけているのではないでしょうか。

全ての人がそうだとはいいませんが。

 

この何を目指せばいいのか、何のためにいきているかわからない状態のことをニヒリズムといいます。

 

そして末人という概念も出てきます。

末人とは、「憧れを持たず、安楽を第一とする人」「安全で無難に生きることだけを求める人間」

「何やったって結局は無駄なんじゃないの?」といった状態をいいます。

 

そこで出てきたのがさっきも述べた「超人思想」なのです。

 

受動的に流されるのをやめて「私はこうする!」と意欲すること。

それではじめて人は人生の主役となり、自由な存在となるというのです。

 

永遠回帰

 

永遠回帰とは一言でいうと、「これまで生きてきたこの人生を、さらに無限に生きねばならない。」という考え方です。

人生のあらゆるものが永遠にそっくりそのまま戻ってくるのです。

 

これまでの人生の中で耐えがたい苦難もあったことでしょう。

それがまた繰り返されるというのですから、「そんなの耐えられるか!」と思うかもしれません。

 

現実に人生が永遠に繰り返されるというのが本当かどうかは重要ではなくて、

「マイナスな生の条件に対しても『われ欲す』ということができれば?人生の苦しい物事を有益と認め、愛そうとすることができれば?」

ということをニーチェは言いたいのです。

 

自分の条件を呪っても仕方がありません。

この条件(病気、失恋等)のもとで、自分はどうやって悦びを汲み取っていく道があるか、と自分で考えるしかない。

なぜならそれ以外に自分が能動的に生きていく方法はないのですから。

 

なんかこの考え方ってアドラーの「嫌われる勇気」にも似ていますね。

 

現代に「超人」は可能か?

 

どうあがいても自分から逃げることはできません。

今の自分から出発するしかないのです。

 

ニーチェの思想は、まさに「いま」という時代を生きるための「柱」となるものです。

 

「絶望することはない。なぜなら、この状況でどのような絵を描くかは自分自身が決めればいいことなのだから」

 

私はこの本を読んで、自分の内側から生きよう生きようという幸福を求める前向きな力が湧いてきた感じがしました。

武器になる哲学 感想

哲学の重要性

今回も哲学の本を紹介しようと思いますが、この本を書いた人は哲学者ではなく、経営コンサルタントです。

これまで紹介してきた本とは少し違った視点から哲学を学べるんじゃないかと思います。

著者の山口周氏は、「世界のエリート・リーダーこそ哲学の素養が求められる」と言っています。

なぜ哲学が必要なのでしょうか?

哲学を学ぶことの最大の効用は、「今、目の前で何が起きているのか」を深く洞察するためのヒントを数多く手に入れることができるということです。

「今何が起きているのか?これから何が起きるのか」という問いは重要なものとなります。

そのためのツールが哲学なのです。

そして目まぐるしい変化の中に生きる私達には批判的思考も大事です。

これまで通用した「考え方」を、一旦批判的に見直してみる。

それが現実にうまく機能していないならば、その理由を考察して新しい考えを提案する、ということが求められます。

常識への疑問

見送っていい常識」と「疑うべき常識」を見極める選求眼をもつことが大事です。

この選求眼を与えてくれるのが、空間軸・時間軸での知識の広がり、つまり教養だということになります。

哲学者たちが出した「アウトプット」よりも「プロセス」の方が大事

一般の哲学の入門書は、この哲学者たちの「考察の過程」はあまり紹介されてないように思います。

「アウトプット」だけを学ぼうとすれば「学ぶ意味」を感じられずに挫折してしまいがちです。

この本はこの点で一般の哲学の入門書とは違うと思います。

まさに、哲学を学ぶ意味を示唆してくれる本です。

著者が、「知っていて本当によかった」「修羅場を切り開くのに非常に有効だった」哲学を厳選して紹介されています。

飲茶氏 哲学的な何か、あと数学とか 感想

皆さん、哲学と数学というこの2つの言葉を見てどう感じますか?

「難解な学問の組み合わせだな」

とか思ったでしょうか。

 

私もこの本のタイトルを見たときそう思いました。

 

しかし、以前から著者の飲茶氏の本は今まで何冊か読んできたので、飲茶氏を信じてこの本を手に取ってみました。

 

この本は、超難解な「フェルマーの最終定理」の証明に対する350年間の数学者たちの奮闘を哲学的な観点からも捉えて述べられている物語です。

 

哲学だけでも難しいのに数学も絡んでくるとなると、さぞかし難解な本なんだろうなと思いましたが、さすが飲茶氏。すごくわかりやすくサクサク読み進めます。

 

人生を「未解決問題」に賭けた数学者たち。

 

まさに人生を賭けるというのはどういうことなのかを感じ取れました。

若い頃の自分に読ませたいと強く思いました。

 

人生というのは結果を出さなければ意味はないのか?

否!人生に意味があるかどうかを決めるのは自分だ。

挑戦して失敗した者たちをだれが笑うことができるだろうか。

 

私はこの本を読んで数学に対する見方が変わりました。

自分も数学を今からでも学んでみたいと思いました。

 

ボロボロになりながらも奮闘する数学者たちの生きざまを通して「生きるとはなんぞや?」を考えさせられました。

 

いついかなる時、どんな人間から真理が導かれるかわからない。

そう思うと可能性のない人間なんていないと強く思いました。

 

人生という貴重な時間を湯水のように何かに注げることができる人は幸せです。

 

生きる力を与えてくれる、まさに哲学の本です。

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています 感想


こんにちは!おしんです。

タイトルにもありますように、多くの悩みの解決に役立つ本を紹介しようと思います。

その名も「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」です。

人生を生きていく上で、悩みは尽きないものです。

悩みの無い人間など存在しません。

どうすればいいのか?

そこで、人生をかけて哲学者が導き出した考えにふれることで、私達の日常の悩みを解決する糸口をみつける。

哲学者がその答えに至ったプロセスをたどりながら、哲学に興味をもち、ふだんの思考の枠を広げてみる、それがこの本の内容です。

私もこの本を読んでみて、なかなか読みやすくて面白いと思いました。

読者の皆さんの悩みを解決することが目的なので、それぞれの哲学者の知識そのものは必要最小限でしか出てきません。


私がこの本を読んで特に感銘を受けたところをちょっと述べておきます。

「緊張してしまう」というお悩みのカテゴリでのブッダの言葉で、「瞑想することは『悩む人』から『悩みを観察する人』になることにほかなりません」という部分は是非読んでほしいところです。瞑想で「こころ」を鍛えることも可能であることが脳科学の見地からも証明されています。この部分だけでもこの本を読む価値が十分にあると思います。

自分の顔が醜い」というお悩みを解決してくれるサルトルの箇所は、我々にこれからを生きていくパワーを与えてくれると思います。

現代人の多くの悩みといえば、「ダイエットが続かない」ではないでしょうか?この悩みに対してもジョン・スチュアート・ミルが見事な見解を示してくれています。

そして、いろんな業界でよく出てくる「不倫」のお悩みに対しても、親鸞が答えを出してくれています。簡単にまとめると、自分の理性の限界を知り、他力にすがることこそが真の悟りに至るというところは、他の哲学者にはない、本当に生の人間の本質を捉えた指摘だと思いました。


この他にもいろんなお悩みや哲学者が登場してきます。

「もうダメだ……」

「立ち上がれない……」

世の中にはさまざまな深刻な悩みを抱えている人がたくさんいると思います。

あなたのその悩みの解決のヒントがこの本でみつかるといいですね。

あなたを変える七日間の哲学教室 哲学とは?人生とは?


こんにちは!おしんです。

今回もおすすめの哲学の本を紹介したいと思います。

それは、「あなたを変える七日間の哲学教室」です。

この本は、「あの哲学者がこんなことを言った」とか「この哲学者はこう言った」というような本ではありません。

ではどんな本なのかというと、「哲学的思考法の本質を知るための本」です。

どういうことかと言いますと、哲学が投げかける問いについて自分の頭で考え、哲学者のように考えるとはどういうことかを知りたい人のために書かれた本です。

ですので、哲学の基礎知識がなくても十分理解できる内容となっております。

哲学に興味を持ち、哲学を真剣に勉強すべきかどうかを迷っている人は、この本によってその迷いが解けるだろうと思います。


哲学は何のためにあるのか?

この本は、倫理学、道徳哲学、認識論、形而上学、心の哲学、言語哲学、メタ哲学の要点の説明がなされています。

ではそもそも哲学とは何か?

我々人間が価値あるものを「認識」する手伝いをするのが哲学であると本書には書かれています。

人間は生きている以上、多かれ少なかれ哲学の課題に取り組まなければならない、哲学なしの人生なんてありえないのです。


人生の意味とは?

「いずれ消えてなくなる人生に、いったいどんな意味を見出せるか?」と誰しも一度は考えたことがあると思います。

しかし、人生に対する「むなしさ」を完全に無視することはできないのです。

人生の意味は限られた時間の中で可能な限り「いい人生」を送ることに尽きるのではないでしょうか?

といったように、この本を読んで答えが出るのかどうかは保証することはできませんが、なんかしらのヒントは必ず得られると断言できます。

この本があなたにとって、明日を生きる力になるといいですね。