最強になれる!?飲茶氏の「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」

こんにちは!おしんです。

今日も私にとっての超絶バキな本を紹介したいと思います。

 

前作に引き続き飲茶氏の著書でその名も

「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」です。

 

この本の概要というか結論を一言でいうと最強になれる(?)哲学の入門書です。

どういう風に最強になれるんだ?と思われるでしょうが、本を読み進めていくとだんだんわかってきます。

 

前回の西洋哲学の「史上最強の哲学入門」の記事でもお伝えしましたが、とてもわかりやすく書かれているので、なかなか分厚いですがサクサク読めます。

ではまず西洋哲学と東洋哲学はどう違うのかということからふれていきたいと思います。

 

西洋哲学の真理追究のスタイルは「階段」です。

どういうことかというと、西洋哲学は「無知」から出発します。

 

「絶対に真理に到達してみせる!」

真理到達を目標にいろんな哲学者たちがそれぞれの意見・考えを表現し戦わせ、「より強い哲学」へと切磋琢磨させていくわけです。

 

これに対して東洋哲学のスタイルは「ピラミッド」です。

西洋哲学とは正反対で、「我は真理に到達した」と臆面もなくいってのけるのです。

はじめからピラミッドのてっぺんにいるのです。

つまり西洋哲学は「無知」からスタートしたのに対し、東洋哲学は「真理到達」からスタートするわけです。

 

この本の構成

  1. インド哲学 悟りの真理 ヤージュニャヴァルキヤ・釈迦・龍樹
  2. 中国哲学  タオの真理 孔子墨子孟子荀子韓非子老子荘子
  3. 日本哲学  禅の真理  親鸞栄西道元

ざっくりいうとこのように構成されています。

この記事ではインド哲学のヤージュニャヴァルキヤについて話していきたいと思います。

 

ヤージュニャヴァルキヤ 梵我一如

それではまず、東洋哲学の始まりであるインド哲学から見ていきましょう。

ウパニシャッドインド哲学の奥義)最大の哲学者、

ヤージュニャヴァルキヤ(紀元前650年頃~550年頃)。

彼の哲学は梵我一如(ぼんがいちにょ)という言葉で知られています。

「世界を成り立たせている原理(梵=ブラフマン)」と

「個人を成り立たせている原理(我=アートマン)」が、

実は「同一のもの(一如)」だという理論です。

 

それは、アートマン(我、自己、私)の正体がブラフマン(梵、世界の根本原理)と同一であることを知った人間は、すべての苦悩から解放され「究極の真理」に到達するということ。

そもそもアートマン、つまり「私」とはなんなのか?

「私が存在する」ために絶対必要な条件とはなんだろう?

少なくとも、職業・肩書・個性・性質といったものではないのです。

では肉体はというと、腕や足などを切り離しても「私」という存在は消滅しません。

よってそれらも必要な条件とは言えません。

 

では「脳」は?

そもそも脳とは、簡単にいえば、脳細胞(ニューロン)の集まりであり、その脳細胞が電気信号を送りあって情報を処理する機械のことです。

この情報処理の機械が「私」の正体なのでしょうか?

そういいたいところですが、「そうだ」と断言することはできません。

その理由は、「脳」がどうやって「意識現象」を生み出しているのかはわかってないからです。

「脳」がやっていることはどこまで突き詰めても、情報を処理するだけなのです。

「脳」=「意識現象」は成立しません。

この問題は現代でも解明されていません。

よって、「脳」=「私」というのは成立しません。

なのでだいぶ説明を省きますが、「意識現象」=「私」ということになります。

(飲茶氏の説明には遠く及びませんが……)

ヤージュニャヴァルキヤは、「私(アートマン)とは認識するもの」といっています。

「認識するもの」=「意識現象」=「私」

ですので、「思考」などの精神活動も「私」とは言えません。

「思考」とは「脳」の情報処理に過ぎませんから。

そして彼は、「認識するものは認識できない」といってます。

「認識するもの」を「認識した」と仮定します。

だったら「認識したもの」を「認識するもの」が存在しなくてはなりません。

このような無限ループにおちいってしまうので

「認識するものは認識できない」となります。

つまり「私は私自身を認識対象にできない」のです。

それと、ヤージュニャヴァルキヤはこうも言っています。

アートマンとは「~に非ず、~に非ず」としか言えない、と。

アートマン(私)は、決して認識対象にはならないのだから、

「私はAです」「私はBです」ということはできません。

なぜなら、「私は〇〇です」というときの「〇〇」とはすべて「認識対象となったもの」だからです。

「『(絶対に認識対象にならない)私』は『(認識対象となった)〇〇』である」という文章は実は全然成り立たないのです。

ですから、もし、どうしても「私」という存在を言語で表現したいとすれば、

「私はAではありません。私はBではありません。(私はAに非ず、Bに非ず)」

という否定的な言葉でしか言うことができません。

なので、彼に言わせれば、全ての「不幸」は「私(アートマン)」への無知から生じる、ただの勘違いにすぎないのです。

目の前で、どれほど悲惨で破壊的な現象が起きても、「認識するもの=私」を傷つけることはできないのです。

「痛い、悲しい、苦しい」と言ったものは、「脳」による情報処理にしかすぎないからです。

ヤージュニャヴァルキヤは、「私」という存在の本質をこう述べています。

「それは束縛されることもなく、動揺することもなく、害されることもない」と。

この境地に達した時、この世のあらゆる「不幸」は消え去り、自己は「無敵」になるのです。

以上拙い説明でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

私自身、この本を全て読んで最強になれた気がします(?)

この記事を読んでくれた方にも是非読んでほしいと思っています。

飲茶氏の「史上最強の哲学入門」 超おすすめの哲学入門書

今回は超一級品の哲学入門書を紹介したいと思います。

 

皆さんは哲学書と聞くとどんなイメージを持ちますか?

「なんかすごく理屈っぽくて難しそう…」

「哲学なんてやって意味あるの?」

という感じに思っている人もいるかもしれません。

安心してください。

これまでの哲学に抱いていたマイナスなイメージを払拭させてくれる哲学書があります。

 

タイトルにもありますように、「史上最強の哲学入門」です。

 

結構分厚い本なのですが、それもそのはず。それくらい紙面を使ってとてもわかりやすい文章で構成されています。

そしてユーモアに溢れ、卓越した喩え話。

ただの知識の羅列に終わるのではなく、著者の哲学に対する熱い想いが強く伝わってきます。

あらゆる層の人達にも読みやすい、理解しやすい、内容がス~ッと頭に入ってきます。

読んでいて、「あれ、俺って頭良くなってきているんじゃない?」って思わせてくれて、哲学のみならず、読書そのものの楽しさを教えてくれる本です。

 

この本の構成は4つのテーマ「真理の『真理』」「国家の『真理』」「神様の『真理』」「存在の『真理』」から成っています。

 

「真理の『真理』」

 

このテーマでは、字のごとく「真理」の追究について哲学者たちがバトルを繰り広げています。

プロタゴラス(相対主義)

ソクラテス(無知の知)

デカルト(方法的懐疑)

・ヒューム(懐疑論)

・カント(批判哲学)

ヘーゲル(弁証法)

キルケゴール(実存主義)

サルトル(アンガージュマン)

レヴィ=ストロース(構造主義)

・デューイ(プラグマティズム)

・デリタ(脱構築)

レヴィナス(他者論)

 

「国家の『真理』」

 

国家の正体とはなにか?理想の国家とは?

プラトン(イデア論)

アリストテレス(論理学)

ホッブズ(社会契約説)

・ルソー(人民主権)

アダム・スミス(見えざる手)

マルクス(共産主義)

 

「神様の『真理』」

 

神の正体を見極めようとした哲学者の論戦。

エピクロス(快楽主義)

イエス・キリスト(復活)

アウグスティヌス(懺悔)

トマス・アクィナス(スコラ哲学)

ニーチェ(超人思想)

 

「存在の『真理』」

 

そもそも存在するとはどういことだろう?存在の謎に挑む哲学者たち。

ヘラクレイトス(万物流転説)

パルメニデス(万物不変説)

デモクリトス(原子論)

ニュートン(ニュートン力学)

・バークリー(主観的観念論)

フッサール(現象学的還元)

ハイデガー(存在論)

ソシュール(記号論)

 

以上31人の歴代の哲学者たちの頭脳と頭脳の戦いをわかりやすく解説されています。

 

紹介されたこれらの哲学者たちの主張もとても面白いのですが、著者である飲茶氏の想いや現代に生きる私たちの生き方に対する考えも所々見えて大変勉強になりました。

 

私の感想ですが、特にニーチェの箇所での解説における飲茶氏の見解は、先の見えない、閉塞感漂う私たちの生活・生き方に一石を投じる、というか喝を入れてくれています。

知識や思考というのは絶えず更新されなくてはならない、既存の哲学もいろんな批判を受けて、「それってホントウにそうなの?」「こういう考え方はどうだろう?」

と常に様々な意見と意見をぶつからせてよりよいものにしていく……。

 

「既成概念を打ち砕け!」

そういったツールとしての哲学は私たちの生活や社会の中でも使える、非常に有用なものだと思います。

知識を詰め込むだけでなくそれをいかに自分の生き方に活用していくか。

哲学に終わりはありません。

この本でぜひそういったことを感じていただけたらと思います。

 

なお、この作品には続編もあります。そちらもどうぞ!

史上最強の哲学入門 (河出文庫)

史上最強の哲学入門 (河出文庫)

老荘思想 入門 主体的な生き方とは 

こんにちは!おしんです。

誰でも人生について深く考えたりすることがあると思います。

この悲壮感漂う時代に生きる私たちに何かヒントを与えてくれるのではないかということで今回は「入門 老荘思想」という本を紹介したいと思います。

老荘思想とは、古代中国の思想家、道家の大家である老子荘子の思想を合わせてこう呼びます。

タイトルにもあるように老子は、主体的な生き方とは何かを正面から対決した思想家です。老子は謎に包まれた人物で、実在したかどうかもよくわかっていません。

そして荘子老子の二百年後位に活躍した思想家です。その著書はほとんど寓言(たとえ話)から成っています。

老子は剛直よりも柔弱を貴びました。一見弱弱しいのが実は一番強いというのです。

それの具体像が水です。「老子」第八章に、「上善は水のごとし」があります。

水はその時々や場所に応じて形を変えていきます。岩があればそれを避けて通り、高いところから低いところに自然に流れていきます。この水の態様を人間の生き方になぞらえます。

そして「無為にして為さざるなし」

これは聞いたことがある人もいるかもしれません。

老子は世界の原初を「道」と表現し、それこそが人間の見習うべき理想のあり方であり、言い換えるならば、「無の境地」です。

行為しようという意志をもたず、しかもすべてを成し遂げてしまう。これが無為自然の「道」であるといいます。

荘子の思想の根幹は「万物斉同」(ばんぶつせいどう)です。

つまり、この世のあらゆるものは価値的にみな同等であるということです。

たとえ話をよく用いて、難解な哲学をわかりやすく説きます。

そして世俗からの超越を説き、また、言語の不信は自分自身の言葉にも向けられ、「明」(言語を介しない悟りの境地)も説きます。

寓言によって語られる荘子の哲学はわかりやすく、「胡蝶の夢」「朝三暮四」などが有名です。

独特の文章で世界の真実を説き、俗世の価値観から私たちを解き放とうとするのが、老子荘子の思想です。

老荘思想は他の諸子百家に比べて難解だといわれています。

しかし、実は精一杯生きていかなければならない人間たちの真の幸せを願った言葉なのではないかと思います。

入門 老荘思想 (ちくま新書)

使う哲学 齋藤孝氏 感想

こんにちは!おしんです。

「思考力を高めたい!」

ということで、今回は齋藤孝氏の「使う哲学」の私なりの感想を述べてみたいと思います。

「学ぶ」という欲求を刺激させられる本です。

哲学とはなんぞや?

齋藤氏によりますと、「知を愛する」と本書にかかれています。

つまり愛知学というわけです。

「世界の見え方がガラリと変わる。」

そんな体験をしたことがあるでしょうか。

哲学とは物事の本質を考えて本質を突き詰めることをいいます。

今まである物事を一側面からしか見てなかったものが、あらゆる側面から見えて考えることができるようになった。

つまり哲学には、私たちの世界観を変えるほどの力があります。

哲学とは生き方を問う学問です。

そして、哲学は使わないと意味がありません。

本書では、哲学が日常でどのように使うことができるかをわかりやすい文章で書かれています。

古代のソクラテスプラトンアリストテレスから現代のキルケゴールハイデガーサルトル等まで。

全ての哲学者が登場する訳ではありませんが、古代から現代にわたってこれだけはおさえてほしいという構成になっています。

「哲学ってむずかしそう…。」「何から読めばいいかわからない。」といった方々におススメです。

哲学の入門書みたいな感じで読んでいただけたらと思います。

使う哲学 (ベスト新書)

使う哲学 (ベスト新書)