やり抜く人の9つの習慣 書評


こんにちは!おしんです。

皆さん、成功している人を見てどう思いますか?

あの人はもともと才能に恵まれていたんだ。

と思って「自分には無理だ。」と思っていませんか?

そうではありません。いわゆる成功者にはある共通している「行動と思考」があるのです。

その「行動と思考」を心理学で解析して説明していこう、というのが今回ご紹介する本になります。

その名も「やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学」です。

この本では、タイトルにもあるように、目標を達成するための9つの習慣をまとめてあります。


第一章 目標に具体性を与える

例えば、「やせたい」と思うならば、目標は「やせる」ではなく「5キロやせる」とするべきです。

求める成功の姿をはっきりと見せてくれるからです。

まずは、具体的かつ詳細に、自分が達成したいことを考え抜くことが大事です。

目標が具体的でなかったら、ついつい「このくらいでいいや」などと自分を甘やかしたり、簡単に妥協してしまうからです。

これは耳が痛いですね…。これまでの私も目標が具体的にイメージしていなかったがゆえに、いろんなことで挫折しました。いつも「こんなもんでいいや」と未来の自分に勝手に期待していました。


第二章 目標達成への行動計画をつくる

目標達成のためにやるべき行動を着実に実行するためには、「いつ何をやるか」をあらかじめ予定にいれておくべきです。

日々の計画が、具体的な行動レベルまで明確になっていると、その行動をする可能性は300パーセントを高まることが、心理学の研究から明らかになっています。

そのための方法が、「if-thenプランニング」です。

「もしこうなったら、こうする」といったように。

①(if)もし、月曜日、水曜日、金曜日になったら

②(then)仕事の前に一時間ジムで汗を流す

こんな感じですね。

事前に「いつ」「何を」やるかを、はっきりと決めておくと、これが実行できる確率は2倍から3倍も高くなります。

if-thenプランニングに絶大な効果があるのは、この手法が強く脳に訴えかけるからです。つまり脳は「XならY」という文章を記憶しやすいのです。


第三章 目標までの距離を意識する

目標達成に向けて、ただがむしゃらに努力するのではなく、日々、どれだけ進歩したのかを確認する必要があります。

それには、フィードバックで目標との距離を確認します。

正しいフィードバックに「これから思考」というのがあります。

これから思考」とは「あとどれくらいやらなければいけないのか」に視点を向ける思考スタイルです。

つまり、「目標までの距離に目を向けること」です。

「これからやるべきこと」を意識することでモチベーションを高めることができます。


第四章 現実的楽観主義者になる

「非現実的な楽観主義者」では目標は達成できません。

つまり、「目標は達成できる」と信じるのは大切なことですが、「目標は簡単に達成できる」と考えてはいけません。

では、「現実的な楽観主義者」とは「成功を望み、それに相応しい努力をする人」です。

この文章を見たとき、ギクッとしました。私も自分の今の目標に対して、それに相応しい努力をしているのかと。「非現実的な楽観主義者」になってやしませんかと。

「現実的な楽観主義者」は、惜しみなく努力し、問題が起きることを予見し、それの対処方法を計画し、いざ問題が起こったら粘り強くことに当たります。

その結果、成功にたどり着くのです。

問題や障害を考えることは決してネガティブではないということを忘れてはいけません。それを考えないからネガティブな結果になってしまうのです。

要は、ネガティブなこと、思考をも克服しようということですね。


第五章 「成長すること」に集中する

新しいことに挑戦する「心の持ち方」についていうと、目標を設定するときには「今、何ができるのか」ではなく「これから、何ができるようになりたいか」を考えるようにすることです。

目標は自分の能力を証明するためにあるのではなく、自分を向上させるためにこそある、と考えるようにするのです。

そのためには「失敗してもいい、と開き直る」こと。

目標に向かっている時、そこで出会う困難を「学び」という視点で捉える。失敗しても「また、一つ学んだ」と思えれば、がっかりすることなくモチベーションを維持することができます。


第六章 「やり抜く力」を持つ

苦手なことについて「できるようになる」と考えていますか?

それとも「自分には向いてないからどうせ無理」と考えていますか?

もし後者なら、自分自身にハンディキャップを課していることになります。

どんなことでも努力と経験で上達することができると心に刻むことです。

目標を投げ出したくなるときに、「努力不足だった」「戦略を間違えた」「プランを練らなかった」などと、自分でコントロールできることに原因があると考えることができる人は、「成功は自分の頑張り次第」と信じることができます。

「私には無理だ」ではなく「今の私にはまだ無理だ」と考えるようにしましょう。

どんな能力でも、あなたの努力次第で高めることができるのです。

「自分には伸びしろがある」と信じることで、「やり抜く力」が発揮できるようになるのです。


第七章 筋肉を鍛えるように意志力を鍛える

意志力は筋力と似ています。

筋肉と同じように、意志力も、定期的に正しい方法で使えば、少しずつ強くすることができます。

自分が達成したい目標に取り組むことで、同時に意志力も鍛えることができます。

例えば、

  • 汚い言葉を使うことをやめる
  • 利き手ではない方の手を使って生活する
  • 「私は」で話すことをなるべく避ける

など。

要は何でもいいのです。誘惑に打ち勝って続ける価値のあるものなら、何でも試してみるといいです。

最初は大きな意志力が必要に感じても、いつしか楽々できるようになっている自分に気づきます。

それほど意志力は訓練で高めることができるのです。


第八章 自分を追い込まない

どれほど意志力を鍛えても、それには限界があります。

目標達成のためにはその事実を受け入れることです。

気を付けるべきは、意志力を過大評価しないことです。

そして、

  1. 誘惑と出会いやすい状況をなるべく避ける(自分の意志力を試さない)。
  2. 大きな目標は一つに絞る。
  3. 何かをやめるという目標なら、一度にスッパリやめる。「ちょっとだけならいいだろう」という考えを捨てること。

第九章 「やめるべきこと」より「やるべきこと」に集中する

「食べ過ぎない」「夜更かししない」など、目標の多くは「~しない」という形のものになりがちです。

こうした目標は、反対にその行動への衝動を高めてしまいます。

「~しない」ではなく「~する」という表現方法にするとよいです。


いかがでしたでしょうか?

この9つの習慣は、読者の方からしたら「そんなの当たり前じゃないか」と思うものもあったかもしれません。

それはそれで今までの習慣が正しかったんだなと思ってもらえればいいと思います。

その上で、この本から今までになかった習慣があったら、ぜひ取り入れていただけたらと思います。

「正しい努力はいつか報われる」ということを私はこの本で学びました。

「自分には才能がないから成功できない」と思い込んでいる方はぜひこの本を読んでいただきたいと思います。

金持ち父さん貧乏父さん 感想


こんにちは!おしんです。

今回はお金に関する本を紹介したいと思います。

それは「金持ち父さん貧乏父さん」です。

お金持ちと貧乏を分けるその原因は何なのか?

この本の冒頭で、そのことについて物語形式で語ってくれています。

その一部を抜粋します。

「人生がだれよりもすぐれた先生であることはたしかだ。たいていの場合、人生はきみに話しかけてきたりしない。きみのことをつついて、あちこち連れまわすだけだ。人生はそうやってきみをつつくたびにこう言ってるんだ。『ほら、目を覚ませよ!きみに学んでもらいたいことがあるんだよ』ってね」

「お金に関する教育が自分に足りないことが問題なのだと気づく人はほとんどいない。」

「『お金になんか興味はない』と言う人は大勢いるが、そう言いながら一日八時間せっせと働いている。そんなのは真実を否定していることにしかならない。」

う~ん……。ちょっと前までの自分に言い聞かせたいですね。誰しも無人島で自給自足で暮らしている人以外お金の問題からは逃れることはできませんものね。すごく胸に突き刺さる言葉だと思います。

「私はきみたちにお金の持っている力を学んでほしいと思っている。お金を怖がるのではなくてね。そういったことは学校では教えてくれない。でも、それを学ばなければ、きみたちはお金の奴隷になるしかないんだ。」

「貧乏や金詰まりの一番の原因は国の経済や政府、金持ち連中のせいじゃなく、恐怖と無知だ。人間を罠にかけるのは自分から招いた恐怖と無知なんだ。」

「情報や知識を手に入れるために心を開くか開かないかを決めることで、無知か啓蒙か道が分かれるのだ。」

おっしゃる通りですね。新しい情報や変化に対して石頭を持って臨んではダメだということですね。そして、ただなんでも考えなしに取り入れるのではなく、情報の取捨選択ができる思考力と判断力が必要だということですね。

「金持ちになりたければ、お金について勉強しなければならない」

「金持ちは資産を手に入れ、中流以下の人間は負債を手に入れる」

「これからの時代は、大胆に前に進んでいく人と、腐りかけた救命浮き輪にしがみついたままの人とが同居する時代になるだろう。」

お金の稼ぎ方といってもいろいろあるのでしょうが、一つ言えることは、ただ会社に行って働いて給料をもらうことがだけが全てと思っていては裕福にはなれないだろうことはわかりました。

以上、マインド的なことばかりを述べてきましたが、この本の後半部分は、ではどうすればお金持ちになれるのかということ、つまり実践方法が書かれています。

「そんなにお金なんか必要ないよ。」

そう思っている方にはこの本は必要ないですが、「自分に正直に生きたい!」と思って、まだくすぶっている方には一読をおススメいたします。

内向型人間のすごい力 感想

こんにちは!おしんです。

今回は、タイトルにあるように内向型な人にとってけっこうためになる本じゃないかなと思って「内向型人間のすごい力」を紹介したいと思います。

私自身、内向型の人間なのでこの本のタイトルを見たときピンときてすぐ手に取りました。

外向型の人間が理想とされる社会

私達は、一般的にいって、成功するには、幸福になるには外向型でなければならないと幼いころから教えられて育ってきたと思います。

個性を尊重するといいながら、外向型の人間を理想とする価値観の中で暮らしているのです。

そして、内向型は二流の性格特性とみなされ、残念な性格と病的な性格の中間にあると思われています。

会話の多い人は少ない人よりも賢いと判断されているのではないでしょうか。

しかし、アメリカ人の3分の1から2分の1はじつは内向型らしいのです。

1920年代からアメリカの工業化(文化的進化)により、「ビジネスこそがアメリカの道である」というような価値観が生まれました。

それまでのアメリカは、「人格の文化」でした。

人格の文化」では、思慮深く、規律正しく、高潔な人物が理想とされました。

しかし、デール・カーネギーの自己啓発本によって、内なる美徳から外面的な魅力へと焦点は変わっていきました。

つまり、魅力的な性格を持つ映画スターのような、目立つ人や面白い人が人気を得るようになりました。

すべてのアメリカ人が自己を演技しなければならなくなったのです。

人格の文化」から「性格の文化」へとシフトしていったのです。

ファッション・化粧品などの業界の宣伝によって、すばらしい第一印象がすべてであるかのような幻想を抱くようになりました。

それは、あたかも外向的でエネルギッシュで面白くなければ人間でないかのような風潮です。

今の日本でもそういう風潮ではないでしょうか?

少なくとも私はこれまでの人生を経験してきて、まさにそうだなと思います。

アメリカ人のすべての人が生まれつき外向的なんだなと私達はそういう先入観で見てしまいがちですが、もちろんそんなことはないのです。

多くの人が社会でプレッシャーに苦しむようになり、アメリカ人の20人に1人が抗不安薬を試すこととなったのです。


アメリカでは、非常に多くの有名人が自己啓発本を信奉しています。

その産業は年間110億ドルという規模だそうです。

外向的な性格を築くように促されたのです。

私達は、優れた考えをもつ人間と、しゃべるのがうまい人間との違いに気づきにくく、社交性に富んだリーダーが必要だと思い込みすぎているのです。

しかし、長年の研究の成果で、著名人には内向型の人間も多いことがわかってきているのです。

ビル・ゲイツなどの超優良企業のリーダーの性質は、物静か・控え目・無口・内気・寛大・温厚・でしゃばらない・良識的であるといわれています。

ここでいいたいのは、外向型の人間を非難しているわけではないのです。

状況によっては、外向型のリーダーが適切の場合もあるし、内向型のリーダーが求められる場合もあるのです。

内向的なリーダーは、他人の話しに耳を傾け、助言を受け入れやすいので、能動的な人間を導くのが非常に得意です。よって能動性の有効な循環をつくるのです。


気質を超えて  自由意志の役割

はっきり言ってしまえば、私たちの生まれ持った気質は消えません。

しかし、気質性格は違います。

私達には自由意志があり、それを使って性格を形づくれるものなのです。(限度がありますが)

内向型の方が持続力が高い傾向にあるともいわれています。

内向的な人物として有名なアインシュタインはこう言いました。

「私はそんなに頭がいいわけではない。問題により長く取り組むだけだ。」と。


最後に私なりの感想を述べさせてもらうと、確かに内向的な人にとって現代の社交優位の社会は生きづらいです。しかし、これまでの人生における過去(挫折等)にどのような意味づけをするかによってこれから幸福に生きていけるかが決まるとも思ってます。

読書の技法 感想  本当の速読とは


今回は、タイトルにあるように「読書の技法」という本を紹介しようと思います。

私は本を読むのがかなり遅いので、速読を身に付けたいならコレだと勧められたので読んでみました。

本はどう読むか

本書は、物の見方・考え方・表現の仕方・知の技法についての入門書とのことです。

ですから、一般に言われている、単に本を圧倒的に早いスピードで読めるというような内容にはなっていません。

よくありますよね。30倍速で本が読めるようになる、とか。

そいった類の本ではありません。

人生における時間というのは制限がありますので、その限られた時間の中でいかに他人の経験・知的努力を自分のものにするか、という視点で正しい読書法を身に付けようということです。

正しい読書法は、人生を2倍、3倍も豊かにしてくれます。

私はこの本を読んで、今までの自分の読書に対する姿勢や努力がいかに足りなかった、浅いか、そして、世界の「知の巨人」がいかに多く存在するかということも思い知りました。

そして、私は完璧主義的なところがあるので、本を読む時は一字一句丁寧に(馬鹿正直に?)読んでいました。

本書はそう言った本に対する既成概念が変わるものだと思います。

熟読できる本の数は限られている

本には、「簡単に読める本」「そこそこ時間がかかる本」「ものすごく時間がかかる本」の3つに分けられると思います。

速読の目的は、読まなくてもよい本をはじきだすことです。

一生でよめる本は限られているので。

本というのは、読んで知識が脳に定着しなければ意味がありません。

ですので、重要なことが書いてある本は熟読しなくてはなりません。

そうでない本は、「この部分は速読でいいだろう」という感じで、ササっと文章に目を通し、重要な部分はしっかり熟読します。

速読には2つあって、一冊を5分で読む「超速読」と、一冊を30分で読む「普通の速読」です。

超速読の目的は2つ。

本当に読む価値のある本かを仕分け作業と、本全体の中で当たりをつける(この箇所を重点的に読めばいい)ことです。

普通の速読の目的はあくまで熟読する本を精査するための手段です。

速読が熟読よりも効果を挙げることはないので、上記のように、本当に身に付く読書法は「熟読」です。

ではどうすれば速読ができるようになるか?

それは自分の基礎学力の欠損を認め、補うことです。

この基礎学力は高校程度の学力と知識だと筆者は述べています。

これがないといくら本を読んでも能力はあまり向上しないし、速読もできません。

もちろん専門書も読めません。

頭の中に英単語がないと英文が読めないのと同じですね。

ざっくりとですが、本書には上記のような内容となっています。

筆者の教養の部分がかなり色濃くでてきているので、

「なんか難しいな……」と感じるかもしれませんが、そういう部分は筆者が言っているように「速読」したらいいのではないかなとおもいます。

ちきりん氏 自分のアタマで考えよう! 感想

こんにちは!おしんです。

今回はちきりん氏の「自分のアタマで考えよう」を紹介したいと思います。

考える力を鍛えたいと思い、本のタイトルを見て即購入しました。

簡単にこの本の著者の「ちきりん」さんについて紹介します。

元々は会社員の方だったようで、バブル期に証券会社に勤め、その後米国の大学院に留学してから外資系に入社されたとのことです。

現在は(おちゃらけ社会派と称して)ブロガーとして、政治・経済からマネー・問題解決・世代論などをテーマにして活躍されているようです。

月間PVは100万を超えるとか……

すごいですね。

この本の概要はというと、「知っている」と「考える」はまったくの別物だということです。

本でもニュースでも、ある情報から一つの側面しか読み取れないのは、元々自分の頭の中の知識、固定概念や既成概念に影響されているからなのです。

情報を得て考えられることをすべて列挙せよといわれたら、良い面と悪い面の両方がでてくるのが、知識にだまされていない純粋な思考の結果だということです。

既存の知識はとりあえず置いといて、得た情報から新たに考えてはじめて今まで見えていなかった結論に至るのです。

自分の詳しい分野ほど、新しい考えに否定的になる傾向が見られたら「知識が思考を邪魔している」ことを疑ったほうがよく、反対に、思考力のある人は、自分の専門分野においてさえ新しい考えに対して柔軟です。

つまり、知識と思考は異なるものとして認識しましょう。

古典などの大昔から続く超ベストセラーには、多くの場合「答え」が書いてあります。

しかし、その「答え」に引きずられて自分の頭で考えることをしなければ、新たな思考を開拓していくことはできないのです。(古典を否定している訳ではありません)

確かに今までの私は、ちょっと難しい本を読んでは、「これで少し頭が良くなった気がする」という感じでした。

しかし、この本を読んで目からうろこでした。

知識は知識として大事ですが、「情報を保存する」だけでは雑学で終わってしまいます。まさにアタマをつかう、「考える」が重要なのです。

「思考の棚」を作って、その棚にうまくハマる「知識・情報」に対して絶えずアンテナを張っておかなければいけないということです。

考えるとは「あるインプットをもとに、なんらかの考えに至った」ということです。

自分の考えが無意識のうちになにかに偏ってないかと注意深く振り返ることも大切です。

「本当にそうなのか?それでいいのか?もっと違った考え方があるんじゃないか?」と常に自分の頭の中で意識しておきたいものですね。

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう