生活に活かす心理学 NLP コミュ力向上 ポジションチェンジ

 こんにちは。

前回は物事や状況に対する視点や捉え方を変えてみる「リフレーミング」についてお話しました。

今回もそれに関連したテーマを扱っていきたいと思います。

 

タイトルにもある「ポジションチェンジ」とは何か?と思われたことと思います。

ここでのポジションとは、「自分」「相手」「第三者」の視点のことをいいます。

 

人はどうしても「自分」だけの視点で物事を捉えがちです。

前回、私の体験談の中で出てきた職場の同僚に対する私の見方もそうです。

私の同僚に対する「うるさいだけのむかつく人」という見方から「優しくて仕事ができる人」という捉え方に変えることができた、と述べました。

 

このように人は自分のフレームを通して物事を見るので、どうしても自分本位な言動を取ったり考えたりしてしまいます。

 

これは、他人(自分以外の人)は一人一人独自のフレームを持っているため仕方のないことかもしれません。

人それぞれ感じ方が違うので、誰それが「完全に正しい」ということはできません。

ですから多面的にものごとを捉えることが大切になってきます。

 

NLPでは、物事を上記の3つの視点で見ることによって問題の解決、つまり自分を見つめ直したり、人間関係の改善や修復といったことができると考えています。

 

まずは「自分の視点」です。

「自分はこう思う。」というようなことですね。

これが強すぎると自己陶酔におちいることもあります。

 

次に「相手の視点」です。

「相手はどう思っているのだろう。」

これが強すぎると自分を犠牲にしすぎてしまうおそれがあります。

 

そして「第三者の視点」です。

「自分」と「相手」の視点を抜け出して、これらから少し距離をおいて俯瞰することです。この視点では、「自分」と「相手」の関係性を捉えることができます。

これが強すぎると何事にも無関心になるおそれがあります。

 

これを「ポジションチェンジ」つまり「位置を変える」ことによって、物事を多面的に見ることができます。

これら3つの視点を交互に変えます。

 

これを行うことによって、物事や気になる相手の視点を体験し、新たな側面の発見ができ、問題解決につながるかもしれません。

 

よく「相手の立場になって考えなさい。」と言われますが、どうすれば相手の立場で考えることができるのかを、上記の3つのポジションで多角的に見ることによって可能になるかもしれませんね。

 

私が体験したNLPの講座でも、3つの椅子を用意して、それぞれに「自分」「相手」

「第三者」を設定してワークを行いました。

 

どうしても人は「自分が正しい」と常に考えてしまいます。

そのような「思い込み」がいい方に向かう場合もあります。

しかし、それで物事がうまく運ばなくなったりしたときに、今回取り上げたポジションチェンジというテクニックを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

図解NLPコミュニケーション術

図解NLPコミュニケーション術

 

 

 

生活に活かす心理学 NLP コミュ力向上のためのリフレーミング

 こんにちは。

今回はリフレーミングについて、私の体験を交えて述べてみたいと思います。

 

フレーミングとは、物事や状況を多角的に捉えて良い方に解釈することをいいます。

例えば、「うるさい」⇒「声が大きい」

    「のろまだ」⇒「慎重だ」

などです。

 

このように一面的に捉えると欠点でしかない性質が、多角的に捉えて別の視点でみると長所になったりします。

 

私は今の職場で、ちょっとだけ苦手な人がいます。

どんな人かといいますと、自分の頭の中で思い浮かんだことはなんでも言ってしまう性質で、大きな声で怒鳴ったり、悪口を言ったり、人がミスをすると平気で「バカじゃないの」と言ったりします。今、彼の短所ばかり挙げましたが、もちろんいいところもあります。しかし、ここではリフレーミングの例として短所を掘り下げていきたいと思います。

 

「思い浮かんだことをなんでも言ってしまう。」を細分化してみます。

「大きな声で怒鳴る。」⇒「元気がいい。明るい。」

「悪口を言う。」⇒「正直だ。」

「人がミスすると『バカじゃない』と言う。」⇒「人の短所を指摘できる勇気がある。」

といった感じです。

 

これらをまとめると、彼は「元気がよくて明るい。正直で、人の短所を指摘できる勇気がある人だ。」

という風にみることができます。

 

NLPでコミュニケーションを楽しく

NLPでコミュニケーションを楽しく

 

 

 

私が今の職場に就いたばかりの頃、正直彼が苦手でした。

ちょっとでも気が利かなかったり、ミスしたりすると、「なにやってんだよ!そうじゃねえだろ、バカ!」と、よく怒られていました。

 

私も心の中では、「そんな言い方ねえだろ。」と毎回思ってましたが、ふとNLPのことを思い出して、「そういえばNLPのテクニックでリフレーミングっていうのがあったな。」と思い、一見短所にみえる彼の性格をリフレーミングで見方を変えて上記のように捉え直したのです。

 

そういう風に彼を捉え直して仕事に取組んでいくと、しばらくしたら彼の優しい部分も見えてきたのです。

 

これまで私の中では「口の利き方の知らないむかつく人」だったのが、今では「本当は優しくて仕事ができる人」に変わったのです。

 

私の中で彼が「ただのむかつく人」のままだったら、もしかしたら私は職場を去っていたのかもしれません。

 

しかし、自分の人に対する見方・捉え方を少し変えただけで、今まで対人関係でうまくいかず、すぐ仕事を辞めてしまうという自分の短所を克服することができたのです。

 

そうなんです。大事なのは、「他人を変えようとするのではなく自分が変わる。」ということです。

 

要するに世界は自分次第で如何様にも捉えることができるんですね。

 

この気づきのおかげで、私は今もその職場で楽しく働くことができています。

 

いかがでしたか?

もし対人関係で悩んでいる方は、相手の味方・捉え方を変えてみるのも良いかもしれませんね。

 

それでは今回はこのへんで。

 

図解NLPコミュニケーション術

図解NLPコミュニケーション術

 

 

 

生活に活かす心理学 NLP 自分のコミュ力の無さに愕然

 こんにちは。
コミュ力が無いということだけで、約40年の人生をほぼ無駄にしてきた私おしんが、今回も偉そうにコミュニケーションについて語らせていただきます。
 
私は現在、アルバイトをしているのですが、その職場での最近の出来事についてしゃべってみたいと思います。
 
いつも通りに仕事をしていた私に、ある同僚が話しかけてきました。
同僚「○○という人知ってます?」
私「いや、知らないです。」
同僚「ちょっと有名な花火師なんですけど。」
と言って、彼はスマホを取り出して、フェイスブックを開いて、その人の画像を見せてくれました。
私「へえ~、すごいですね。そんな人と知り合いなんて。」
同僚「そうなんですよ。」
とその後、彼がなにを話し続けてきたかあまりよく覚えてませんが、私の応答はというと、
ずっと「へえ~。」の繰り返しで、何ら気の利いた返しをできずに、彼の話しが終わるのを待っていたのであります。
 
今言ったように、私は、彼が話し終わるのを待っていたのです。
そう、彼の話しにあまり興味がなく、ただただその場を早く切り上げたいがために
「へえ~。」を連発したのです。
 
こんなんでコミュ力が上がるわけないですよね……
コミュ障な私は、職場でも友達がなく、周りから少し浮いている感じでした。
そんな私に向こうから話しかけてきてくれたにもかかわらず、私は彼を拒絶したも同然の
態度をとってしまったのです。
 
こんな感じだから、私のこれまでの人生がどんなものだったかは想像に難くないと思います。
 
いろんな本にも書いてあることなのですが、会話が下手な人の特徴の一つに、
「相手に関心を持ってない
というのが挙げられます。それは今の私の体験談にも表れています。
 
思えば子供の頃から、一人が好きで、ゲームばかりして家にこもっていました。
そのツケが返ってきて、こんないい歳したおじさんになっても苦しんでいるのでした。
 
若い頃からもっといろんな場に出て行って、いろんな経験を積めばよかったものを、今となっては後の祭りです。
 
今回の経験で得た教訓は
もっと相手に関心を持とう!
でした。(NLP全然でてきませんでしたね)
 
そんな私ですが、これからもコミュニケーションを上達させるべく努力して参りますので、
こんなダメ体験談でも読んでいただけたら嬉しいです。
 
それでは今回はこのへんで失礼します。

 

マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション

マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション

 

 

生活に活かす心理学 NLP コミュ力向上 優位表象システム

 こんにちは。

 
以前、相手とうまくコミュニケーションをとるために、相手をよくキャリブレーション(観察)することが大事だということを言ってきたと思います。
 
今回はそのキャリブレーションをもっと深く掘り下げていきたいと思います。
 
皆さんはこれまでの人生の中で、この人とは気が合うとか、馬が合うと思ったことがあったかと思います。
それは、自分と相手が外部からの情報を受け取る際に、ある特定の同じ感覚を無意識に好んで使ってることがよくあります。
 
この優位になる感覚のことを「優位表象システム」と呼びます。
 
表象システムは、視覚(Visual)、聴覚(Auditory)、体感覚(Kinesthetic)の3つに分類されます。
 
視覚優位の人は、物事を考えたり思い出したりする時に視覚に頼っている傾向があります。
 
聴覚優位の人は、耳から入ってくる情報を優先してとらえる傾向にあります。
 
体感覚優位の人は、その場の心地よさや雰囲気を優先する傾向にあります。
 
これら3つの分類は、その頭文字をとって「VAK」と呼ばれています。
なんとなく気が合うとかは、相手も同じ「VAK」を使っている場合が多くあります。
 
お互いの感覚が似ているので、コミュニケーションがうまくとりやすいのです。
 
だから、相手が視覚優位の場合は自分も視覚に頼った感覚で相手とやり取りをする、といった感じです。
 
まずは、相手がどの感覚を優先的に使っているかをよくキャリブレーションしてみることが大事になってきますね!

 

プロが教えるはじめてのNLP超入門

プロが教えるはじめてのNLP超入門

 

 

 
 
 
 

生活に活かす心理学 NLP コミュ力向上 反応

 こんにちは。

 
今回は、普段のコミュニケーションにおける相手の反応について考えてみようと思います。
 
私は、今でもそうなのですが、相手から話しかけられて、どう返事を返していいかわからないことがよくあります。
 
相手からどんなに返しやすい話題を振られても、「あ~」とか「なるほど」ぐらいの返ししかできません。相手にもよりますが。
ほとんどの返しが「あ~」と無理やりの作り笑いでその場をなんとかしのいでいます。
 
そして、ちょっと勇気をだして、「それって何々ですよね!」とか自分では少し気のきいた返しをしてみます。
するとある人は私の返しで黙り込んでしまう人もいます。
その後は気まずい雰囲気がその場を包み、お互いに沈黙が続いて、私も相手もその場から逃げるようにさりげなく去っていきます。
 
まあ、私だけでなくよくあることだと思います。
 
そこでNLPでは、相手の反応は自分自身がもたらした結果だと考えます。
当たり前のことですが、相手の反応がイマイチだったら、違う話題を振ってみる。
また違ったら他の話題を…
 
相手の反応が良くなかったといって、相手のせいにするのではなく、相手が受け取りやすいようにやり方を変えてみたほうが、建設的な方向にいくのではないかと思います。
 
以前も述べましたが、やってみてうまくいかない、またやり方を変えてやってみる。
トライ&エラーですよね。
 
私もいろんな会話に関するハウツー本を読んできましたが、どの本にも共通して書かれているのは、「自分から勇気を出して飛び込んで、場数を踏むこと」ですね。
 
何事もそうだと思いますが、コミュ力を上げるのに裏技や近道はないということですね。
コミュニケーションのことで悩んでる方々、いっしょに頑張っていきましょう!

 

プロが教えるはじめてのNLP超入門

プロが教えるはじめてのNLP超入門