その悩み、哲学者がすでに答えを出しています 感想


こんにちは!おしんです。

タイトルにもありますように、多くの悩みの解決に役立つ本を紹介しようと思います。

その名も「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」です。

人生を生きていく上で、悩みは尽きないものです。

悩みの無い人間など存在しません。

どうすればいいのか?

そこで、人生をかけて哲学者が導き出した考えにふれることで、私達の日常の悩みを解決する糸口をみつける。

哲学者がその答えに至ったプロセスをたどりながら、哲学に興味をもち、ふだんの思考の枠を広げてみる、それがこの本の内容です。

私もこの本を読んでみて、なかなか読みやすくて面白いと思いました。

読者の皆さんの悩みを解決することが目的なので、それぞれの哲学者の知識そのものは必要最小限でしか出てきません。


私がこの本を読んで特に感銘を受けたところをちょっと述べておきます。

「緊張してしまう」というお悩みのカテゴリでのブッダの言葉で、「瞑想することは『悩む人』から『悩みを観察する人』になることにほかなりません」という部分は是非読んでほしいところです。瞑想で「こころ」を鍛えることも可能であることが脳科学の見地からも証明されています。この部分だけでもこの本を読む価値が十分にあると思います。

自分の顔が醜い」というお悩みを解決してくれるサルトルの箇所は、我々にこれからを生きていくパワーを与えてくれると思います。

現代人の多くの悩みといえば、「ダイエットが続かない」ではないでしょうか?この悩みに対してもジョン・スチュアート・ミルが見事な見解を示してくれています。

そして、いろんな業界でよく出てくる「不倫」のお悩みに対しても、親鸞が答えを出してくれています。簡単にまとめると、自分の理性の限界を知り、他力にすがることこそが真の悟りに至るというところは、他の哲学者にはない、本当に生の人間の本質を捉えた指摘だと思いました。


この他にもいろんなお悩みや哲学者が登場してきます。

「もうダメだ……」

「立ち上がれない……」

世の中にはさまざまな深刻な悩みを抱えている人がたくさんいると思います。

あなたのその悩みの解決のヒントがこの本でみつかるといいですね。

あなたを変える七日間の哲学教室 哲学とは?人生とは?


こんにちは!おしんです。

今回もおすすめの哲学の本を紹介したいと思います。

それは、「あなたを変える七日間の哲学教室」です。

この本は、「あの哲学者がこんなことを言った」とか「この哲学者はこう言った」というような本ではありません。

ではどんな本なのかというと、「哲学的思考法の本質を知るための本」です。

どういうことかと言いますと、哲学が投げかける問いについて自分の頭で考え、哲学者のように考えるとはどういうことかを知りたい人のために書かれた本です。

ですので、哲学の基礎知識がなくても十分理解できる内容となっております。

哲学に興味を持ち、哲学を真剣に勉強すべきかどうかを迷っている人は、この本によってその迷いが解けるだろうと思います。


哲学は何のためにあるのか?

この本は、倫理学、道徳哲学、認識論、形而上学、心の哲学、言語哲学、メタ哲学の要点の説明がなされています。

ではそもそも哲学とは何か?

我々人間が価値あるものを「認識」する手伝いをするのが哲学であると本書には書かれています。

人間は生きている以上、多かれ少なかれ哲学の課題に取り組まなければならない、哲学なしの人生なんてありえないのです。


人生の意味とは?

「いずれ消えてなくなる人生に、いったいどんな意味を見出せるか?」と誰しも一度は考えたことがあると思います。

しかし、人生に対する「むなしさ」を完全に無視することはできないのです。

人生の意味は限られた時間の中で可能な限り「いい人生」を送ることに尽きるのではないでしょうか?

といったように、この本を読んで答えが出るのかどうかは保証することはできませんが、なんかしらのヒントは必ず得られると断言できます。

この本があなたにとって、明日を生きる力になるといいですね。

飲茶の「最強!」ニーチェ 生きる意味とは!?

こんにちは!おしんです。

今回もとてもわかりやすい哲学入門書で有名な飲茶氏の本を紹介したいと思います。

ニーチェはとても有名な哲学者で、知っている方も多いと思います。

そのニーチェの本なんですが、はっきりいってこれから哲学を学ぼうとする人はいきなりこの本から読んでもいいくらいわかりやすい内容になっております!

飲茶氏の他の著書もすごくわかりやすくて有名ですが。

そして、「常識にとらわれず、自分の頭で考えて積極的に前向きに生きていこう!」

そう思えるようになると思います。

そもそも哲学とは、「モノを超えた存在について考える学問」です。

例えば、正義・意味・価値・善といった形のない概念の世界について本質を追求するということですね。


実存哲学

実存とは、現実存在の略です。

実存は「世界に放り込まれた人間の主体的な在り方」をいいます。

ニーチェはこの実存哲学というスタイルをとっていました。

そして、ニーチェは、「人生に意味はない」と言っています。

一般にいう人生の意味とは、仕事・恋愛・結婚といった周囲(社会)からいつのまにか押し付けられたものではないでしょうか?

こういった既成の価値観に縛られて生きていると、よけいな「不幸」をしょいこむハメになるかもしれません。

ニーチェは、外から与えられた価値観で自分を評価し、ありもしない意味を求めて失望する人間の構図を「背後世界」と表現しています。

背後世界」=「社会的価値観」です。

外部から押し付けられた価値観、つまり本来存在しないものなのです。

この考えは今の私自身にしっくりきます。

世間の同調圧力に屈してしまって、「こうでなければならない」「ああでなければならない」といった他人の「べき論」に翻弄されて苦しんでいた過去の自分に言い聞かせたいです。

さて、「社会から押し付けられた意味付けなんか無視してしまえ!」という考え方自体はいいのですが、しかし、それだけだと人間はニヒリズム(虚無主義)に陥って、生の高揚を失ってしまう、とニーチェは言っています。

ニヒリズムとは、「そんなことしたってむなしいだけだろ!」といったようなことです。

そして、「じゃあ、何の為に生きているの?」と考え虚しくなった結果、人間は「末人」になるのです。

「末人」とは、「なんの目標もなく、ひたすら時間を潰すだけの人生を送る人間」のことをいいます。

ニーチェの有名な言葉に「神は死んだ」というのがあります。

「神は死んだ」➡「神様を信じられなくした(人間の仕業で)」➡「人間に意味を与えるような絶対的な価値観はいつかこわれる」➡「末人になる」という構図ができあがります。

ニーチェは100年以上前から、人間がこうなることを予言していました。


ルサンチマン 道徳

ニーチェは、「道徳なんて、実際はそんなに上等なものじゃない。むしろルサンチマンから生じた歪んだものだ」といいました。

ルサンチマンとは「弱者が、強者に対してもつ嫉妬心・恨み」のことをいいます。ニーチェはこれを道徳の起源だといいます。

そして、嫌なことに文句を言わず受け入れる人が善い、という不自然な価値観をニーチェは「奴隷道徳」と呼びました。

私たちは架空の価値観に縛られすぎているのです。

続けてニーチェはこういいます。

「惨めな現実の結果を受け止められないから、無理矢理非現実的な架空の価値観を作り出し、自分を満足させようとしている」

つまり、優れた能力に恵まれている人を妬んで、自分を慰めようといったことです。

するとその人間は、自分の気持ちにうそをつき、「前向きな努力」を諦め、末人に至るというわけです。

私は、「これはつい最近までの私のことじゃないか」と思い、胸にグサリと突き刺さりました。

不可能だとわかりつつも、もっと早くにニーチェの思想に触れていたらと思うと悔しくてしょうがありません。

この最悪のニヒリズムから抜け出すには、「今この瞬間」を強く意識し、今を強く肯定すること。ニーチェは、これができる人間を「超人」と呼んでいます。

結論として、絶対的な価値観というのはいずれ無くなってしまいます。それら非現実なものが「人生の意味」を与えてくれなくなったとき、人は「自分で自分の人生を肯定できる超人になるしかありません。

最後に、この本一冊読むだけでいい!なんてのは言い過ぎかもしれませんが、とにかく強く生きる力を与えてくれる本です。

内向型人間のすごい力 感想

こんにちは!おしんです。

今回は、タイトルにあるように内向型な人にとってけっこうためになる本じゃないかなと思って「内向型人間のすごい力」を紹介したいと思います。

私自身、内向型の人間なのでこの本のタイトルを見たときピンときてすぐ手に取りました。

外向型の人間が理想とされる社会

私達は、一般的にいって、成功するには、幸福になるには外向型でなければならないと幼いころから教えられて育ってきたと思います。

個性を尊重するといいながら、外向型の人間を理想とする価値観の中で暮らしているのです。

そして、内向型は二流の性格特性とみなされ、残念な性格と病的な性格の中間にあると思われています。

会話の多い人は少ない人よりも賢いと判断されているのではないでしょうか。

しかし、アメリカ人の3分の1から2分の1はじつは内向型らしいのです。

1920年代からアメリカの工業化(文化的進化)により、「ビジネスこそがアメリカの道である」というような価値観が生まれました。

それまでのアメリカは、「人格の文化」でした。

人格の文化」では、思慮深く、規律正しく、高潔な人物が理想とされました。

しかし、デール・カーネギーの自己啓発本によって、内なる美徳から外面的な魅力へと焦点は変わっていきました。

つまり、魅力的な性格を持つ映画スターのような、目立つ人や面白い人が人気を得るようになりました。

すべてのアメリカ人が自己を演技しなければならなくなったのです。

人格の文化」から「性格の文化」へとシフトしていったのです。

ファッション・化粧品などの業界の宣伝によって、すばらしい第一印象がすべてであるかのような幻想を抱くようになりました。

それは、あたかも外向的でエネルギッシュで面白くなければ人間でないかのような風潮です。

今の日本でもそういう風潮ではないでしょうか?

少なくとも私はこれまでの人生を経験してきて、まさにそうだなと思います。

アメリカ人のすべての人が生まれつき外向的なんだなと私達はそういう先入観で見てしまいがちですが、もちろんそんなことはないのです。

多くの人が社会でプレッシャーに苦しむようになり、アメリカ人の20人に1人が抗不安薬を試すこととなったのです。


アメリカでは、非常に多くの有名人が自己啓発本を信奉しています。

その産業は年間110億ドルという規模だそうです。

外向的な性格を築くように促されたのです。

私達は、優れた考えをもつ人間と、しゃべるのがうまい人間との違いに気づきにくく、社交性に富んだリーダーが必要だと思い込みすぎているのです。

しかし、長年の研究の成果で、著名人には内向型の人間も多いことがわかってきているのです。

ビル・ゲイツなどの超優良企業のリーダーの性質は、物静か・控え目・無口・内気・寛大・温厚・でしゃばらない・良識的であるといわれています。

ここでいいたいのは、外向型の人間を非難しているわけではないのです。

状況によっては、外向型のリーダーが適切の場合もあるし、内向型のリーダーが求められる場合もあるのです。

内向的なリーダーは、他人の話しに耳を傾け、助言を受け入れやすいので、能動的な人間を導くのが非常に得意です。よって能動性の有効な循環をつくるのです。


気質を超えて  自由意志の役割

はっきり言ってしまえば、私たちの生まれ持った気質は消えません。

しかし、気質性格は違います。

私達には自由意志があり、それを使って性格を形づくれるものなのです。(限度がありますが)

内向型の方が持続力が高い傾向にあるともいわれています。

内向的な人物として有名なアインシュタインはこう言いました。

「私はそんなに頭がいいわけではない。問題により長く取り組むだけだ。」と。


最後に私なりの感想を述べさせてもらうと、確かに内向的な人にとって現代の社交優位の社会は生きづらいです。しかし、これまでの人生における過去(挫折等)にどのような意味づけをするかによってこれから幸福に生きていけるかが決まるとも思ってます。

読書の技法 感想  本当の速読とは


今回は、タイトルにあるように「読書の技法」という本を紹介しようと思います。

私は本を読むのがかなり遅いので、速読を身に付けたいならコレだと勧められたので読んでみました。

本はどう読むか

本書は、物の見方・考え方・表現の仕方・知の技法についての入門書とのことです。

ですから、一般に言われている、単に本を圧倒的に早いスピードで読めるというような内容にはなっていません。

よくありますよね。30倍速で本が読めるようになる、とか。

そいった類の本ではありません。

人生における時間というのは制限がありますので、その限られた時間の中でいかに他人の経験・知的努力を自分のものにするか、という視点で正しい読書法を身に付けようということです。

正しい読書法は、人生を2倍、3倍も豊かにしてくれます。

私はこの本を読んで、今までの自分の読書に対する姿勢や努力がいかに足りなかった、浅いか、そして、世界の「知の巨人」がいかに多く存在するかということも思い知りました。

そして、私は完璧主義的なところがあるので、本を読む時は一字一句丁寧に(馬鹿正直に?)読んでいました。

本書はそう言った本に対する既成概念が変わるものだと思います。

熟読できる本の数は限られている

本には、「簡単に読める本」「そこそこ時間がかかる本」「ものすごく時間がかかる本」の3つに分けられると思います。

速読の目的は、読まなくてもよい本をはじきだすことです。

一生でよめる本は限られているので。

本というのは、読んで知識が脳に定着しなければ意味がありません。

ですので、重要なことが書いてある本は熟読しなくてはなりません。

そうでない本は、「この部分は速読でいいだろう」という感じで、ササっと文章に目を通し、重要な部分はしっかり熟読します。

速読には2つあって、一冊を5分で読む「超速読」と、一冊を30分で読む「普通の速読」です。

超速読の目的は2つ。

本当に読む価値のある本かを仕分け作業と、本全体の中で当たりをつける(この箇所を重点的に読めばいい)ことです。

普通の速読の目的はあくまで熟読する本を精査するための手段です。

速読が熟読よりも効果を挙げることはないので、上記のように、本当に身に付く読書法は「熟読」です。

ではどうすれば速読ができるようになるか?

それは自分の基礎学力の欠損を認め、補うことです。

この基礎学力は高校程度の学力と知識だと筆者は述べています。

これがないといくら本を読んでも能力はあまり向上しないし、速読もできません。

もちろん専門書も読めません。

頭の中に英単語がないと英文が読めないのと同じですね。

ざっくりとですが、本書には上記のような内容となっています。

筆者の教養の部分がかなり色濃くでてきているので、

「なんか難しいな……」と感じるかもしれませんが、そういう部分は筆者が言っているように「速読」したらいいのではないかなとおもいます。