飲茶氏の「史上最強の哲学入門」 超おすすめの哲学入門書

今回は超一級品の哲学入門書を紹介したいと思います。

 

皆さんは哲学書と聞くとどんなイメージを持ちますか?

「なんかすごく理屈っぽくて難しそう…」

「哲学なんてやって意味あるの?」

という感じに思っている人もいるかもしれません。

安心してください。

これまでの哲学に抱いていたマイナスなイメージを払拭させてくれる哲学書があります。

 

タイトルにもありますように、「史上最強の哲学入門」です。

 

結構分厚い本なのですが、それもそのはず。それくらい紙面を使ってとてもわかりやすい文章で構成されています。

そしてユーモアに溢れ、卓越した喩え話。

ただの知識の羅列に終わるのではなく、著者の哲学に対する熱い想いが強く伝わってきます。

あらゆる層の人達にも読みやすい、理解しやすい、内容がス~ッと頭に入ってきます。

読んでいて、「あれ、俺って頭良くなってきているんじゃない?」って思わせてくれて、哲学のみならず、読書そのものの楽しさを教えてくれる本です。

 

この本の構成は4つのテーマ「真理の『真理』」「国家の『真理』」「神様の『真理』」「存在の『真理』」から成っています。

 

「真理の『真理』」

 

このテーマでは、字のごとく「真理」の追究について哲学者たちがバトルを繰り広げています。

プロタゴラス(相対主義)

ソクラテス(無知の知)

デカルト(方法的懐疑)

・ヒューム(懐疑論)

・カント(批判哲学)

ヘーゲル(弁証法)

キルケゴール(実存主義)

サルトル(アンガージュマン)

レヴィ=ストロース(構造主義)

・デューイ(プラグマティズム)

・デリタ(脱構築)

レヴィナス(他者論)

 

「国家の『真理』」

 

国家の正体とはなにか?理想の国家とは?

プラトン(イデア論)

アリストテレス(論理学)

ホッブズ(社会契約説)

・ルソー(人民主権)

アダム・スミス(見えざる手)

マルクス(共産主義)

 

「神様の『真理』」

 

神の正体を見極めようとした哲学者の論戦。

エピクロス(快楽主義)

イエス・キリスト(復活)

アウグスティヌス(懺悔)

トマス・アクィナス(スコラ哲学)

ニーチェ(超人思想)

 

「存在の『真理』」

 

そもそも存在するとはどういことだろう?存在の謎に挑む哲学者たち。

ヘラクレイトス(万物流転説)

パルメニデス(万物不変説)

デモクリトス(原子論)

ニュートン(ニュートン力学)

・バークリー(主観的観念論)

フッサール(現象学的還元)

ハイデガー(存在論)

ソシュール(記号論)

 

以上31人の歴代の哲学者たちの頭脳と頭脳の戦いをわかりやすく解説されています。

 

紹介されたこれらの哲学者たちの主張もとても面白いのですが、著者である飲茶氏の想いや現代に生きる私たちの生き方に対する考えも所々見えて大変勉強になりました。

 

私の感想ですが、特にニーチェの箇所での解説における飲茶氏の見解は、先の見えない、閉塞感漂う私たちの生活・生き方に一石を投じる、というか喝を入れてくれています。

知識や思考というのは絶えず更新されなくてはならない、既存の哲学もいろんな批判を受けて、「それってホントウにそうなの?」「こういう考え方はどうだろう?」

と常に様々な意見と意見をぶつからせてよりよいものにしていく……。

 

「既成概念を打ち砕け!」

そういったツールとしての哲学は私たちの生活や社会の中でも使える、非常に有用なものだと思います。

知識を詰め込むだけでなくそれをいかに自分の生き方に活用していくか。

哲学に終わりはありません。

この本でぜひそういったことを感じていただけたらと思います。

 

なお、この作品には続編もあります。そちらもどうぞ!

史上最強の哲学入門 (河出文庫)

史上最強の哲学入門 (河出文庫)

ちきりん氏 自分のアタマで考えよう! 感想

こんにちは!おしんです。

今回はちきりん氏の「自分のアタマで考えよう」を紹介したいと思います。

考える力を鍛えたいと思い、本のタイトルを見て即購入しました。

簡単にこの本の著者の「ちきりん」さんについて紹介します。

元々は会社員の方だったようで、バブル期に証券会社に勤め、その後米国の大学院に留学してから外資系に入社されたとのことです。

現在は(おちゃらけ社会派と称して)ブロガーとして、政治・経済からマネー・問題解決・世代論などをテーマにして活躍されているようです。

月間PVは100万を超えるとか……

すごいですね。

この本の概要はというと、「知っている」と「考える」はまったくの別物だということです。

本でもニュースでも、ある情報から一つの側面しか読み取れないのは、元々自分の頭の中の知識、固定概念や既成概念に影響されているからなのです。

情報を得て考えられることをすべて列挙せよといわれたら、良い面と悪い面の両方がでてくるのが、知識にだまされていない純粋な思考の結果だということです。

既存の知識はとりあえず置いといて、得た情報から新たに考えてはじめて今まで見えていなかった結論に至るのです。

自分の詳しい分野ほど、新しい考えに否定的になる傾向が見られたら「知識が思考を邪魔している」ことを疑ったほうがよく、反対に、思考力のある人は、自分の専門分野においてさえ新しい考えに対して柔軟です。

つまり、知識と思考は異なるものとして認識しましょう。

古典などの大昔から続く超ベストセラーには、多くの場合「答え」が書いてあります。

しかし、その「答え」に引きずられて自分の頭で考えることをしなければ、新たな思考を開拓していくことはできないのです。(古典を否定している訳ではありません)

確かに今までの私は、ちょっと難しい本を読んでは、「これで少し頭が良くなった気がする」という感じでした。

しかし、この本を読んで目からうろこでした。

知識は知識として大事ですが、「情報を保存する」だけでは雑学で終わってしまいます。まさにアタマをつかう、「考える」が重要なのです。

「思考の棚」を作って、その棚にうまくハマる「知識・情報」に対して絶えずアンテナを張っておかなければいけないということです。

考えるとは「あるインプットをもとに、なんらかの考えに至った」ということです。

自分の考えが無意識のうちになにかに偏ってないかと注意深く振り返ることも大切です。

「本当にそうなのか?それでいいのか?もっと違った考え方があるんじゃないか?」と常に自分の頭の中で意識しておきたいものですね。

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

老荘思想 入門 主体的な生き方とは 

こんにちは!おしんです。

誰でも人生について深く考えたりすることがあると思います。

この悲壮感漂う時代に生きる私たちに何かヒントを与えてくれるのではないかということで今回は「入門 老荘思想」という本を紹介したいと思います。

老荘思想とは、古代中国の思想家、道家の大家である老子荘子の思想を合わせてこう呼びます。

タイトルにもあるように老子は、主体的な生き方とは何かを正面から対決した思想家です。老子は謎に包まれた人物で、実在したかどうかもよくわかっていません。

そして荘子老子の二百年後位に活躍した思想家です。その著書はほとんど寓言(たとえ話)から成っています。

老子は剛直よりも柔弱を貴びました。一見弱弱しいのが実は一番強いというのです。

それの具体像が水です。「老子」第八章に、「上善は水のごとし」があります。

水はその時々や場所に応じて形を変えていきます。岩があればそれを避けて通り、高いところから低いところに自然に流れていきます。この水の態様を人間の生き方になぞらえます。

そして「無為にして為さざるなし」

これは聞いたことがある人もいるかもしれません。

老子は世界の原初を「道」と表現し、それこそが人間の見習うべき理想のあり方であり、言い換えるならば、「無の境地」です。

行為しようという意志をもたず、しかもすべてを成し遂げてしまう。これが無為自然の「道」であるといいます。

荘子の思想の根幹は「万物斉同」(ばんぶつせいどう)です。

つまり、この世のあらゆるものは価値的にみな同等であるということです。

たとえ話をよく用いて、難解な哲学をわかりやすく説きます。

そして世俗からの超越を説き、また、言語の不信は自分自身の言葉にも向けられ、「明」(言語を介しない悟りの境地)も説きます。

寓言によって語られる荘子の哲学はわかりやすく、「胡蝶の夢」「朝三暮四」などが有名です。

独特の文章で世界の真実を説き、俗世の価値観から私たちを解き放とうとするのが、老子荘子の思想です。

老荘思想は他の諸子百家に比べて難解だといわれています。

しかし、実は精一杯生きていかなければならない人間たちの真の幸せを願った言葉なのではないかと思います。

入門 老荘思想 (ちくま新書)

「嫌われる勇気」 対人関係の悩みにおすすめの本

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

人生全ての悩みは対人関係である。

 

今回は私おしんの人生の指南書ともいえる本、「嫌われる勇気」についてご紹介したいと思います。

 

これはテレビなどのメディアでかなり取り上げられたベストセラーですので、読まれた方も多いのではないかと思います。

 

この本は、フロイトユングと並び「心理学の三大巨頭」と称されるアルフレッド・アドラーの思想を「青年と哲人との対話形式」でまとめられたものです。

アルフレッド・アドラーはオーストリア出身の精神科医で、彼の「アドラー心理学」は20世紀初頭に創設されました。

 

「どうすれば幸福になれるのか」

「幸福とはなにか」

「人生とは、生きる意味とは」

この本では、そういった疑問にシンプルに答えています。

 

「承認欲求」

この言葉を聞いたことのある人も多いと思いますが、アドラー心理学ではこの承認欲求を否定します。

承認欲求とは、他者から認められたい・褒められたいという欲求です。

 

人から褒められれば、やる気が出て嬉しくなるからいいじゃないかと思われるかもしれませんが、この考え方でいくと、他人の期待通りに動こう、他人に気に入られるようにしようとするようになります。

 

それは自分の人生を生きていることにはならず、他人の期待を満たすために生きることになります。

私もこの本に出会う前はまさにそのような感じでした。

 

人の顔色を窺ってばかりで、自分の言葉で話すことができず、常に他人に対してビビッていました。

しかし、アドラー心理学では「他者の期待を満たす必要はない」と言い切ります。

それで嫌われても、その「嫌う」という行為そのものは「相手の課題」であって、

「わたしの課題ではない」というのです。

これを「課題の分離」といいます。

このように考えていけば、かなり人生を生きやすくなります。

 

しかし、そうはいっても言うは易し行うは難しで、そんな簡単に割り切ることはできないよと思うかもしれません。

アドラー心理学はその内容を学んで理解してから身に付くまで何年も時間が掛かるといわれています。

そして、上述した「人生の意味とはなにか」もこの本を最後まで読んでいけばその答えに辿り着きます。

 

「人生とはなにか」

 

ご自分の普段の生活を思い浮かべながら読んでいただくといいかなと思います。

 

「これは確かに当てはまる」

「なるほど。そうか……」

と、楽しみながら読める本だと思います。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

使う哲学 齋藤孝氏 感想

こんにちは!おしんです。

「思考力を高めたい!」

ということで、今回は齋藤孝氏の「使う哲学」の私なりの感想を述べてみたいと思います。

「学ぶ」という欲求を刺激させられる本です。

哲学とはなんぞや?

齋藤氏によりますと、「知を愛する」と本書にかかれています。

つまり愛知学というわけです。

「世界の見え方がガラリと変わる。」

そんな体験をしたことがあるでしょうか。

哲学とは物事の本質を考えて本質を突き詰めることをいいます。

今まである物事を一側面からしか見てなかったものが、あらゆる側面から見えて考えることができるようになった。

つまり哲学には、私たちの世界観を変えるほどの力があります。

哲学とは生き方を問う学問です。

そして、哲学は使わないと意味がありません。

本書では、哲学が日常でどのように使うことができるかをわかりやすい文章で書かれています。

古代のソクラテスプラトンアリストテレスから現代のキルケゴールハイデガーサルトル等まで。

全ての哲学者が登場する訳ではありませんが、古代から現代にわたってこれだけはおさえてほしいという構成になっています。

「哲学ってむずかしそう…。」「何から読めばいいかわからない。」といった方々におススメです。

哲学の入門書みたいな感じで読んでいただけたらと思います。

使う哲学 (ベスト新書)

使う哲学 (ベスト新書)